私の好きなもの 酒器




          今日は 酒器について かいてみた・・・



   私の お気に入り 4点   しぶ~いです

kth1.jpg

   左から 波佐見(はさみ) 志野(しの) 合鹿(ごうろく) 白磁(はくじ)

   敷物は 銀更紗









kth2.jpg

   波佐見 (伊万里焼の脇窯といわれる) 江戸中期頃のものか?
        シンプルだけど ありそうでない 染付


   志野   江戸初期に焼かれたもの? 割れて 地中に埋まってたものを 後に継いだもの
        よびつぎ(一部 他の器のかけらを つなぎ合わせて作ってある)で
        数年前に、銀で継ぎ直したものです。 家康が生きてた頃のものかも?

       



kth3.jpg


   白磁   江戸中期以前のものか? 2ヶ所 金直しをしてあります  

   合鹿   ごうろくは 椀が有名 明治頃のものか?
        使うほどに 下地の朱が あらわれて 風情があります


       後ろの布は 唐子柄  茜の絞り染め




kth4.jpg



         見てるうちに 酒宴が 始まってしまった・・・・

        年末に 飲み友達の T君からもらった酒を 開けて・・・


          う~~ん うまい 肴は きんぴらのみ

       酒は 与三郎   「切られ与三郎」とは こりゃまた いなせだね~


              と 盛り上がってたら・・・・


        やややっ   来ましたョ・・・・よけいなヤツが・・・


kth5.jpg




          まったく ゆっくり飲んで いられないんだから~


           たまには 1人にして






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おおー、しぶ~い! 「合鹿」というと漆器なんでしょうか?

かつて、古伊万里をフツーにゴミとして捨ててしまったり、
古そうな根来を新しく塗り直そうとしてみたり・・・
の、反省?反動?から、私の部屋は骨董ルームと化してしまったけど、
まだまだ詳しくないんです。
もしかしてぽん吉さんは、自分で金継ぎとかもできる?

No title

志野は金継ぎもいい感じ♪ 織部みたいな柄もいいし、形も貫入も好き♪
呼続っていうのは黒っぽいところでしょうか。違うものを継いだのがわかるようにわざと色の違うものを使っているのかな。形の違うものの破片を使ってよくぞ継ぎ足すものですね。

No title

>あなごさん

「合鹿」は漆器です!
能登の限られた地域で作られていた生活雑器です。
途中途絶えてしまいましたが、今は復元されてるとのこと。
でも今だに謎の多い漆器です。

古伊万里・根来の名前が出てくるとは「あなごさん」もお好きね~♡
でも、興味のない人にはつまらないものですよねぇ。

ニャンコと骨董の2本立てブログってのはどうですか?ぜひ、ご検討を・・・・

No title

>MMMinMcityさん

志野の呼続部分はカエデのような模様の部分です。
くろっぽくひび割れ状になっているところが銀継ぎをしたところです。

たぶんバラバラに割れていたものにカエデ部分だけをはめ込んだのでしょうねぇ~
よくぞつくったものです・・・
100年や200年くらいは使われてたと思います。

No title

>あなごさん

書くの忘れてましたが、金・銀継ぎはできません。
お金をシコシコためてやってもらうんですよ。

見ると欲しくなるので、最近は骨董から遠のいてます・・・

No title

渋いですねえ。素敵な酒器。
どれも一段とお酒がおいしくなりそう。
私は志野がいいです。
いつかこれで飲ませておくんなせい。

あなごさんも好きなんですねえ。
猫、妄想、骨董。
どれもはまると楽しいです。

去年、京都に行った時に
有名骨董店「てっさい堂」に行きたくてたまらなかったけれど、
時間がなくてあきらめました。
でも行ったらきっと破産。
これでよかったのだとなぐさめてます。

No title

>りきさん

嬉しいですね~
あまりにシブイ趣味のため、仲間内から中身はオッサンだろ~と言われてました・・・
ぜひに志野で一献かたむけましょう!

「てっさい堂」・・・・
行ったことはありませんが、一皿取ったら崩れてしまうほどたくさんあると聞いとります!
ああ・・・目の毒目の毒・・・

No title

志野で一献…渋いですe-400
では、私はシンプルな波佐見で(^o^)
唐子柄可愛いですよね~ 
この布は爽やかな色合いですねe-348

No title

>はるはるるさん

じつは一番出番が多いのが波佐見です。
燗酒で飲むことが多く、2口くらいでのみきれるこの杯がお気に入り。

唐子柄のキレはちょっと変わっていて、たぶん羽織の裏地だと思うのですが、すべて手書きなのです。
一つ一つ唐子を書き、色も一か所づつ塗っています。
まさに職人技ですねぇ。

No title

いいですね~
こんなのでお酒を・・
かっこいいなぁ~
私は志野がいいです!
なんともいえないですね~
本当に趣味がいいですよね♪
ゆっくりとこんな酒器でお酒を飲むと生き返るでしょうね・・
いつも、生き返ってる?んですよね(笑)

No title

>ムクムクさん

志野がよろしいですか?
こちらは煎茶もいいですよ。
ちょっと濃いめのね。

でもこれらの酒器で飲む時は酔えないんですよ~
なぜかって?
だって程々にしておかないと、洗う時に落としたら・・・とか、割ったら・・・と考えるとねぇ。
あっ!そうか!割ったら又継げばいい?←そういう問題じゃない!