田舎に越して田舎満喫! 夫+8匹の猫と暮らす

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
ねこ本家の人々
ねこ本 アイ吉(トーチャン)   ねこ本 ぽん吉(カーチャン)   平成29年現在 八匹の猫と暮らす

ねこ本ぽん吉

Author:ねこ本ぽん吉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

2016 10月 北海道2

(今回は 文章が長いので お時間のある時にどうぞ・・・)







翌日は朝から晴天

大根の収穫をするため 畑へ



16fc1.jpg

ここでもシカが畑を歩き回るので 竹管を立てている

う~ん効果は・・・  端っこの大根が食べられてました




今年は台風や大雨で 大根の成長はよくない

20本程収穫して 後は成長を待つことにした





昼になると空模様が怪しくなったので

お昼の準備と お料理教室をする事にした





父はほぼ毎日 ゴハンを炊く

母の仏前に供えるためと 炊きたてが食べたいため

でもどうしても ゴハンは余ってしまうし 何か良い方法はないかと聞いてきた


ではと言う事で ベーコン+玉ねぎのシンプルチャーハンをつくってみた

試食した父は気に入ったようで 自分も作ってみたいと言う

じゃあ ウインナー+玉ねぎチャーハンを 作ってもらう事にした







ここで 父の体について・・・



じつは 父は身体障害者

(最近は 害と言う字が良くない印象を与えるため 「障がい」と平仮名表示される事もあるようですが

通常通りの表記にいたしました)



20代の頃に交通事故で 左腕を失う

もう60年以上前の話 父母が結婚する前の事でした



父は ボタンもネクタイもベルトも 片手で出来るし

簡単な大工仕事 (釘は右手で思い切り刺し) 金槌で打つ事も自然にやっていた

だから障害者なんだと 実感したのは高校の頃だったと思う

実感しても 母も私も特別扱いせず 自然な流れで生活してました






では チャーハン作り 始めましょう






(父) ウィンナーは 半分に切って

16fc2.jpg

おー 縦半分に切るんんだ~ 丁寧だね





(父) 細かく切って・・・

16fc3.jpg
16fc4.jpg

自分でたべるんだから おおまかでいいんだよ





じゃあ 玉ねぎはどうやって切るんだ? と見ていると




2本の木の切れ端を 持ち出した父

16fc5.jpg



1/4に切った玉ねぎを 一本の木で押さえ

さらにその木を もう一本の木で押さえた・・・肩で・・・


16fc6.jpg

お~~ 考えたね~




16fc8.jpg

粗みじんもOK!



これさえ出来れば 後はゴハンと炒めるだけ

ついでに キムチチャーハンも教えました



ササっと作るわけにはいかないけれど いろいろな物を使って工夫する

父が一人暮らしを始めた時 木のまな板に太めの釘を何本か打ち

そこにジャガイモやニンジン・大根を刺して 皮むきが出来るよう作り

ピーラーも買った



今じゃ 私よりピーラーの使い方は うまい・・・


前回は卵料理を教えましたが 片手で卵も割れるようになっていた





以前は自分で車を運転し 15分ほどの所にあるスーパーまで買い物に行っていた

今年になって 目も悪くなったので 車も手放した

市で配達してる弁当も契約していたが 美味しくないと不満タラタラ・・・ やめちゃいました・・・




そろそろ一緒に暮らす準備のため 今年リフォームしましたが

すぐに生協の個人宅配なんか 始めてしまった

でもマークシートで注文するのは大変だから 音をあげるだろうと思っていた




今回帰ってみると 注文にはだいぶ慣れたし 一人の方が気楽だなんて言って

漬物は漬けちゃってるし・・・ (漬物は美味い 漬け方を教わってきました~)

・・・しかも 電子レンジも新しくなってるし・・・





* 注文で間違えた キャットフード8キロ入り(何匹飼ってるんですか~?)と
   
   400g入りのカレー粉(業務用?) ドリッパーもないのにコーヒー粉

   等を ありがたく頂いてまいりました

   
注文間違いは必ずやるんですよね~

わたくしも 何度となくやらかしました






日常生活の中では こんな事もあります


父は爪切りが使えないので 爪ヤスリでお手入れ

16fc9.jpg


ヤスリを足で押さえて 使います







チロも見守ってます

16fc10.jpg

・・・じつは 早くオヤツくんないかな~ なんて思ってたりして・・・





年齢的にも もう一緒に暮らしてもいいんじゃないかと思うのですが

本人は娘に世話をかけたくないとか 知らない土地に行きたくないとかあるでしょう

離れて暮らす親は 皆多かれ少なかれ 同じような気持ちを抱えていると思います





今後どんな展開になるか 私にもわかりませんが

父の言い分は尊重しようと思っています


そして この制約のある体が 父の生きる原動力にもなっている気がするのです







スポンサーサイト

C

omment


こんばんは
一人暮らしを見守るには少しばかり遠いですねー
でも、やはりお父さんの気持ちを尊重ですね
やる気満々ではありませんか!!
チロちゃんもいることですし
自分からは言いだせないでしょうから時々聞いてあげてね「こっちにこない?」と
私たちも母が認知でなければ一人暮らしをさせていたと思います
私たちの親世代は精神的に強いのでしょうね
弱音を吐く親の話を聞いたことがありませんよ!!
自分で何でもできるとはいえ男親の一人暮らしは心配ですね

はりねずみ URL | 2016/10/25 21:12 [ 編集 ]


竹管程度じゃシカさんにはあまり効果なシカ(失礼)
でもこの程度で済めば御の字なんですかね(-"-;

にしてもお父様のお体の事驚きました。
何が驚いたかって今までの農作業等を拝見していて
健常者と大差ない仕事ぶり。
お一人暮らしだとご不便な点もあるはずなのに。

件の大規模リフォームはそういうことだったんですね。
しかし自立心のある方ほど今の暮らしを捨てたくないもの。
いずれご同居されるとしても今はテコでも動きそうにないですね^^;

キノボリネコ URL | 2016/10/26 14:19 [ 編集 ]


おー、お父さま、素晴らしい。かっこいい!
いろんなものをフル活用して仕事に手抜きがない!
ぽん吉さんが高校生の頃まで、
お父さまの体のことを意識しなかったのも納得です。
ポン吉さんの力強いバックアップのもとに
チロくんと二人三脚(一人一匹五脚?)で行けるとこまで
ご実家での暮らしを楽しんでいただきたいです。

りき URL | 2016/10/26 17:54 [ 編集 ]


親が高齢になってくると、色々心配ですね。
私の母も車で15分ほどの所に一人生活しています。
親はなるべく子供には世話をかけたくないと思っていると思います。
きっとお父様もそうでしょう。
自分で動けるうちは頑張られると思いますが。
お父様は男なのでご自分からは世話になりたいとは言われないと思いますので、ぽん吉さんの方からできるだけお声をかけてあげてください。

トラサビ URL | 2016/10/26 21:23 [ 編集 ]


お父さますごいですね~
色々な事を工夫して何でもご自分でしようとする意欲が素晴らしいです。
私なんかはすぐに手を抜くことを考えてしまいがちなので、反省しなければ・・・
ご高齢なうえ不自由なお身体での一人暮らしは本当に大変だと思います。
でも出来るだけ娘には世話を掛けたくないと思うお父様のお気持ちもよくわかります。
どうやら当分の間は一人暮らし(チロくんと二人暮らし)を続けるおつもりのようですし
ぽん吉さんは大変でしょうけど、今まで通り時々親孝行の旅に出かけられて
簡単お料理の伝授と、力仕事のお手伝い、頑張っていただきたいです。

chibiani URL | 2016/10/26 23:21 [ 編集 ]


”この制約のある体が 父の生きる原動力にもなっている気がする”
きちんと見守っている娘さんだから思える言葉ですね。
自分で何とかしようと工夫するのは若い頃から身についたことなんでしょうね。
ほんとお父様、あっぱれです!

があこ URL | 2016/10/27 00:21 [ 編集 ]


お父様、きっと器用であれこれと工夫する
のがお好きな方なんでしょうね。
料理もレパートリーを増やして楽しんでいそうです。
次回ぽん吉さんが行ったときは、新しいチャーハン
のバリエーションが出て来そうです~。

二人揃っているテロテロ両親ですが、二日
顔を出さないと電話がきます(´Д`;)
近くだからと気軽に来い来いアピールをするんですけど、こちらも都合があるし~。

ほんとぽん吉さんのお父様はご立派ですよ。

テロテロ URL | 2016/10/27 10:59 [ 編集 ]


ぽん吉さんのお父様、かっこいいですね~!
水木しげるさんを連想してしまいましたが、あちらは日常生活には最後まで奥様のサポートがあったわけで。おひとりですべてこなしていらっしゃるのはすごい!
ぽん吉さんには肉体的にも精神的にも自立した(なんでも自分でできちゃう)おとなな印象を受けますが、そのかげには知恵と工夫で不便さをたんたんと乗り越えてこられたお父様の存在があったのですね。

お父様にはまずぽん吉家へ旅行に来てもらったらどうでしょう。チロ君も一緒に。たくさんの猫に迎えられたら一緒に住みたくなるんじゃ?(*^_^*)

MMM URL | 2016/10/28 17:10 [ 編集 ]


>はりねずみさん

海を越える距離は本当に遠く感じますね(海外じゃないんだけどね)
もともとゴハンや麺類は自分でも作っていたので多少の自信はあるようです。

昭和一桁生まれですから、「他人に迷惑かけてはいかん!」的な気持ちが強いんですよね。
今回はやんわりリフォームした話をしたので次回は部屋の写真をたくさん撮って見せる予定です。
部屋はトイレ付き、すぐ隣はお風呂・・・私の部屋にしたいくらい(^^;)

ぽん吉 URL | 2016/10/29 14:10 [ 編集 ]


>キノボリネコさん

>効果なシカ・・・昭和なダジャレ、けっこう好きです。

昔は家族総出でシャベル一本で掘り起こしてました(まだミニ耕運機がなかった頃)
そんな経験をしてるので、畑を作るのはあたりまえ、ピンチや針金なんかをうまく利用して留め具として使ってます。
一人分の野菜ですから種類も少なくして、保存出来るかすぐ食べられるものを作ってます。
なかなか自分のペースは崩したくないようです(^^;)

ぽん吉 URL | 2016/10/29 14:20 [ 編集 ]


>りきさん

父はけっこう細かい人。
3年連用日記や家計簿も付けてます。
行き当たりばったり・出たとこ勝負の私とは真反対の性格、若い頃は煙たくてしょうがなかったです。

きっちりやる父をちょっと尊敬出来るようになりました(^^)

ぽん吉 URL | 2016/10/29 14:26 [ 編集 ]


>トラサビさん

本当に親はいつまでたっても子供の事を心配してますよね。
そして、経済的・精神的に負担にならないよう思ってますね。

こちらに来たら慣れた生活も知り合いも全てなくなると思うと可愛そうな気もします。
様子を見ながら少しづつ説得したいと思います(^^)

ぽん吉 URL | 2016/10/29 14:31 [ 編集 ]


>chibianiさん

いつも見る度、いろんな事やってるよなと思います。
料理(食べる事は好き)はテレビの番組等をみて研究中。
ナスの豚バラ巻を作ったと言って事細かに説明してくれました。
そんな凝ったもの作らなくてももっと簡単でいいんじゃね?と心の中で思ったり。

チロとの男二人?の生活は気楽みたいですよ。
今回は台風で転がった木や水が止まった沢を掘ったりしてきました💪

ぽん吉 URL | 2016/10/29 14:54 [ 編集 ]


>があこさん

学生の頃、身体障害者スポーツ大会をお手伝いした事がありますが、みんな精一杯楽しんでいたのが印象的でした。
身障の人って思ってるより色々な事が出来るんですよ。

だから父にも出来る事はやっていただくが私のスタンスです(^^)

ぽん吉 URL | 2016/10/29 15:02 [ 編集 ]


>テロテロさん

父が料理したての頃、料理本を何冊か送った事があるんですが、好評だったのは「酒のつまみ本」でした。
材料が少なく簡単に出来るのが良かったみたい(^^)
カレーのレトルトは知っていても、シチューは知らなかったりと知らないモノは目の前で作ってあげるかノートに書くようにしてます。

親って近くに居ても顔を見ないと寂しいみたいですよ。
私は1日起きに定時チェック(電話)してます。

ぽん吉 URL | 2016/10/29 15:16 [ 編集 ]


>MMMさん

障害を負ってしまうと言う事は私には想像もつきませんが、精神的にも肉体的にもいろいろな思いをしたと思います。

自分でやる人(父)は他人が家に入る事を嫌がりますが、何とか説得して週2でヘルパーさんに入ってもらってます。
雪の時期は大変なのでその時だけでも来たらな・・・と思ってます。

ぽん吉 URL | 2016/10/29 15:37 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://0462502804ise.blog130.fc2.com/tb.php/804-4e6f835e


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ねこ本家の猫達
フリー1
九右エ門 1999.4.1生まれ メス
家では一番の古株 ハナクロの子
月日がわかりませんので4月1日に ハナクロとはなさぬ仲
かなり神経質
2016.3.3没 享年16歳

フリー2
桃太郎 2008.4.1生まれ オス
以前借りていた事務所に現れる
人馴れしていたので飼い猫だったかも
出会った頃は4~5ヶ月くらい
体が大きくおっとり

フリー3
ハナクロ 1995.2.1生まれ メス
以前の住まい付近に母猫と来る
初めて見た時は2~3ヶ月の子猫
こちらに越すまで13年外暮らし 肝っ玉が太い

フリー4
クロ 1997.2.1生まれ メス
生年月日不明 ハナクロより若く九右エ門より年上
気づいた時からハナクロと一緒
こちらに越す時ハナクロ共々捕獲して連れて来た
おくびょう

フリー5
金太郎 2010.4.15生まれ オス
二十数年ぶりの運転練習中にドラッグストア脇のドブで会う
3~4ヶ月くらいの子猫だった
一日の半分は外の見回り
桃太郎命の弟気質

フリー6
銀千代 2005.4.15生まれ メス
ご近所でウロウロしてる所を保護
小さくて痩せていたので子猫かと思ったら桃太郎より年上かも
猫嫌いだが人間大好き
モモキンにケンカを売った強気猫

フリー7
白玉 2015.4.18生まれ メス
アイ吉の以前の勤務先の後輩が連れて来た ヘソの緒付きの生まれたてホヤホヤ
甘やかせたせいか我がまま娘に
家一番の暴れん坊
2016.8.3没 享年1歳3ヶ月

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR