田舎に越して田舎満喫! 夫+8匹の猫と暮らす

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
ねこ本家の人々
ねこ本 アイ吉(トーチャン)   ねこ本 ぽん吉(カーチャン)   平成29年現在 八匹の猫と暮らす

ねこ本ぽん吉

Author:ねこ本ぽん吉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

九の思い出





九が逝って 10日以上経ち 

自分の気持ちを整理するため 九の思い出を綴ってみたいと思います

(文章も写真も多いので お時間のある時にどうぞ)




3/5 旅立ちの日は 庭の椿と枝垂れ梅で 送り出しました

16ta1.jpg







最後まで見送る モモ・白玉・(今回はキンタも)


16ta2.jpg

モモはやっぱり 詫びてるのか 







猫友Mさんより お花も頂きました

濃いピンクのバラが華やかさと可愛らしさを添えてくれます

16ta3.jpg





初七日を終え 九の写真を整理していたのですが

写真が少ない・・・



九が家に来たのは 1999年(平成11年)6月22日

その頃は まだ携帯もデジカメも持っていませんでした

気が向くと インスタントカメラで写す程度でした

が 子猫はじっとしていませんねぇ

撮った写真は ブレブレかピンボケがほとんど・・・


かろうじて見えそうなものを デジカメで写してみました

よかったら 見てやって下さい





来た当初 両目はグジュグジュで 縮んだ梅干しみたいでした

一週間程の点眼で 目が明くようになりました

16ta4.jpg




正面顔が撮れた 貴重な一枚 (生後3ヶ月くらい) お気に入りのゴムの指サックと

16ta5.jpg





寝てる所はシャッターチャンス でもハレーション・・・

16ta6.jpg





スリッパはお友達  よくかじりまくってました

16ta7.jpg





以前の住まいでは 窓からの外出がおおかった

16ta8.jpg





先住猫(にゃにゃれ)と

16ta9.jpg

子猫だった九は にゃにゃれ(12~13歳くらい)にまったく相手にされず

一年ほどたった頃 やっとピトれるようになりました









ぢつは 「壊し屋」と言われてた 九さん


16ta10.jpg

柱という柱は すべて爪とぎ 深い所は2センチ以上削られてました

家を売却する話が持ち上がった時 買い手が付かなくなると 柱にカバーをかけて修理

・・・柱の修理だけで ウン十万円かかった・・・






2003年(平成15年) にゃにゃれが亡くなり

2007年(平成19年) 野放図な桃太郎が来るまで

お一人様の 気楽な生活を送る





桃太郎が来る 10日前の写真 (7歳)

16ta11.jpg



桃太郎が来た日は 一度匂いを嗅いだだけで 怒りまくり

2階で3日間 籠城


4日目の朝に 降りて来たと思ったら 真っすぐ外へ

その日は なかなか帰らず 夜10頃 奥の手を使う


奥の手とは・・・

九さんの好物 スルメをあぶる事 


ガス台でスルメをあぶり 換気扇で香りを外に・・・

匂いにつられお帰りになったところ 

たっぷりスルメを召し上がったいただき 機嫌をなおしていただきました



それから2カ月 桃太郎との距離も ちょっと縮まる 

16ta12.jpg










「壊し屋」の名にますます磨きをかけ フローリングまで引きちぎる

16ta13.jpg






そんな慌ただしい毎日を送り

翌 2008年(平成20年)12月 現在の住まいに越す

この時も忘れられない 大事件がありました


当時 外猫だったハナクロ・クロを 1~2年前から家に入れるようにして

ゴハンやおやつ お昼寝をさせて慣らしておいた

(それもこれも 引っ越し先へ連れて行くため)


引っ越し日が決まり 当日の捕獲は難しいので 

前日夜におやつでおびき寄せ 室内に閉じ込め

溶接用皮手袋(ひじまである長い皮手袋)をはめ ハナクロ・クロの捕獲に成功

普段と違う様子に ビビリ度MAXの二匹を 

深夜のうちに 引っ越し先へ連れて行き 一仕事終える


引っ越し当日 いつものように九を朝散歩に出し 業者を待っていると1時間も早く来た

ありゃ・・・九が帰ってないけど まっいいかぁ・・・ (桃太郎はゲージに入れ連れて行く)

朝9時 引っ越しが始まり 終わったのが午後4時頃

一息ついた午後5時頃 はたと気づいた・・・そう言えば 九さん・・・



急いで前の家へ(車で20分くらい)むかい 

いつもいる会社の庭や 工場の敷地に忍びこんで 懐中電灯で照らしても見当たらない

マズイ・・・ 

外猫は無事に連れて行ったのに 家猫が行方不明って・・・どうよ・・・



よし! ここは奥の手しかないだろう! とスルメを焼こう・・・としたら

ガス台は持って行ったのでない・・・


まだ残してあった石油ストーブで スルメをあぶり 持参の猫缶を開けて待つ

サッシを開け待つこと10分現れた・・・さすがスルメ



しかし覗いた九さん 家の中にテーブルも棚も冷蔵庫も・・・何もないのにビックリ

慌てて顔を引っ込め 夜の闇にまぎれた

こんな様子を何度も繰り返すので こちらもコンビニでカップ麺を買いこみ長期戦の構え

やっと入って来たのが 3時間後の8時頃でした

なんとも忘れられない 引っ越しとなりました



その後 キンタ・銀・白玉と仲間が加わり 大所帯となりましたが

最後まで お一人様を貫き通した九



家ではゴハンの時に 1つだけルールがありました

それは 1番に九さんにあげる事

このルールは 最後まで守られました


こんな風に書いてみると 一筋縄ではいかない 人間を大いに振り回す 猫らしい猫でした



九 ありがとう 

さよならは言わないね   また会えると思うから




長々とお読みいただき ありがとうございました




スポンサーサイト

C

omment


現役猫中では一番の古株だった九さん。
現在のように気楽に写真を撮れない時代だと
どうしても枚数は少なくなりますよね。

うちも前の家では柱での爪とぎに悩まされたのを思い出しました。
最終的には人間にさえないくびれができました(-"-;

しかしつくづく思いますがぽん吉さんタフですね^^;
猫に対する粘りがハンパないのにはいつも感服ですm(_ _)m

これだけ偲んでもらえて喜んでいると思いますよ。
九ちゃんのご冥福をお祈りします。

キノボリネコ URL | 2016/03/14 19:10 [ 編集 ]


こんばんは
九さんはぽん吉さん達に感謝していると思いますよ
幸せな猫生だったと...
きっと 虹の橋で待っててくれますよ
もしかして我が家のテンテンちゃんとお友達になってるかも【笑】

モモ兄ぃや銀ちゃん達が
「かーちゃん僕たちもいるよー」といってくれたでしょ
ニャン達の世話は待ったなしですものね

17年のうちに人間界は随分と進歩したもんだと妙なところに感心しました
我が家の故てんてんの写真も少ないです

はりねずみ URL | 2016/03/14 21:20 [ 編集 ]


九さんはぽん吉邸の家猫で一番の古株だったんですよね。。。
お母さんのハナクロさんとは4つも年下だったんですね。

そんなじれったい長期作戦の引っ越しだったとは。
これからスルメをあぶるたびに九さんを思い出します。
長いつきあいだもん、いろんな思い出があるでしょうね。
これからもまた折々に思い出話を聞かせてください。

九さん、たくさんの花に包まれていいな。

あなご URL | 2016/03/14 22:04 [ 編集 ]


九さん、こんなにあっけなく逝ってしまうなんて・・・
悲しいですね。
今日の思い出を綴ったブログを読み、胸がいっぱいになりました。
出会いからずっと大切にされて、九さん、幸せだったと思います。

ぽん吉さん、お疲れが出ませんように。





アンジェラ URL | 2016/03/15 00:01 [ 編集 ]


九さん、最後も艶やかですね。三毛さんに椿がよく似合います。
小さい時の写真も見せてくださってありがとうございます。
当たり前だけれど九さんにも子猫の時があったんですよね。
とっても可愛いです。にゃにゃれちゃんとのピトリ写真もとても素敵。
ぽん吉さんちの家族になって先住さんや後輩猫さんとのお付き合い、
大好きなスルメ、自然に溢れた住まい、充実した猫生だったのではと思います。
また時々九さんを登場させてくださいね。

りき URL | 2016/03/15 16:34 [ 編集 ]


九ちゃん(子猫の姿を見たらこう呼びたくなってしまいました。)、ブログ開始時点では一番の古株だったのですね。一緒に暮らした時間が長いだけ思いも深いことでしょう。
親子なのにハナクロさんとの仲が今ひとつ、というのが不思議だったのですが、いったん別れて暮らしていたとわかって納得できました。
子猫の九ちゃん、可愛いです。今の白玉ちゃんみたいにぽん吉さんたちをいっぱい笑わせたり困らせたりしていたのでしょうね。そんなこともまた改めて書いていただけたら、と思います。

MMM URL | 2016/03/17 03:12 [ 編集 ]


小さいころの九さん、キュートですね~
あの顔でいろいろと壊していたのですね。
愛されて、そして家族が増えて、きっと幸せな
猫生を送られたのでしょうね。

そうそう、その頃はデジカメがなかったからね。
さよならなんてないですよね。
きっと、会えます。いつもぽん吉さんの傍にいるとおもいますよ。

ムクムク URL | 2016/03/17 09:26 [ 編集 ]


子猫ちゃんの九ちゃん、とても愛らしい
ネコちゃんだったのですね。
家族が増えても、九ちゃんのご飯を一番に
用意するぽん吉さんの心遣い、学びたいと
思います。

スルメの件にはちょっと笑っちゃいました。
スルメって偉大なんですね(笑)

テロテロ URL | 2016/03/17 09:57 [ 編集 ]


九さん、椿の花がよく似合ってますよ~
綺麗に可愛く飾ってもらって、九さんは最後まで幸せな猫さんでしたね。
一生懸命覗き込んでいるモモちゃんがいじらしいです。

小さい頃の九さん可愛い~♡
そうですよね、その頃はデジカメなんてなかったですよね。
うちも無かったです。
なのでちびたが小さい頃の写真もインスタントカメラで写したものばかりです(^^;)
ボケボケでもブレブレでも大切な宝物ですよね(*´ω`*)

スルメと言えば九さん。
インプットされました(笑)

九さん、これからはぽん吉家のみんなを空から見守っていてね。

ani URL | 2016/03/17 16:50 [ 編集 ]


>キノボリネコさん

だいたい写真て所が時代ですね。
今のようにビシバシ撮ってもダメなら消せるなんて夢のような時代です。
くびれの凄まじさは野生を感じますね。
結局家は更地にして売却いたので直さなきゃよかったと後悔・・・でした。

九さんには次から次と猫が増えていったので我慢させた事もあったんだろうなと思ったりします。
良かったら懲りずにまた来て欲しいんですけどね(^^;)

ぽん吉 URL | 2016/03/17 19:35 [ 編集 ]


>はりねずみさん

そうですか、テンテンちゃんも写真が少ない時代に生まれたんですね。
どんなにブレていてもアルバムをめくるのもいいものですね。

九は独立心が強かったのでしょうね、人にもおもねず、猫とも距離をおいてました。
でも食いしん坊で、ゴハンの時は一番に来て両手を揃えて待ってました。
まだ振り向くとそこに居るようなきがします。(^^)

ぽん吉 URL | 2016/03/17 19:41 [ 編集 ]


>あなごさん

ハナクロを見ると母より先に逝ってしまってとちょっと切ないですね。

本当に九といえばスルメって感じで、ずいぶん助けられました(^^;)
唯一九のご機嫌を取れるモノだったので・・・
今は一緒に寝ていた(枕元で)トーチャンが一番寂しいかもしれません。
使っていたハウスベットをたまにのぞき込んだりしてしまいます。

ぽん吉 URL | 2016/03/17 19:47 [ 編集 ]


>アンジェラさん

ブログでは登場回数の少なかった九ですが、いなくなるとやっぱり寂しいですね。
九も外が好きで、静かに草の上で日向ぼっこしてましたのでこの環境に越せた事はラッキーだったと思ってます。
あまりに早く逝ったので、なんだかまだそこに居るかもしれません(^^)

ぽん吉 URL | 2016/03/17 19:53 [ 編集 ]


>りきさん

九を見送るにあたって、りきさんがお花をたくさん入れているのを参考にさせていただきました。

にゃにゃれが受け入れるまで時間がかかりましたが、3年くらいは仲良くやってました。
それににゃにゃれはエイズに罹ってましたが、九にはうつりませんでした。
九がどんな風に思っているかわかりませんが、気まぐれで振り回すなかなか楽しい猫だった事に間違いありません。

ぽん吉 URL | 2016/03/17 20:00 [ 編集 ]


>MMMさん

九の子供の頃は白玉の3倍くらいうるさかったです(^^;)
2階からスポンジボールを投げると20回でも30回でも取ってきました。
最後はボールをくわえたまま肩で息をするくらいでこちらの方が焦ってしまいました。

ハナクロとはついに仲良くしませんでしたが、いつも近くにいる人(猫)って思ってたと思います。

ぽん吉 URL | 2016/03/17 20:06 [ 編集 ]


>ムクムクさん

最初に出会った時は三毛猫を飼いたかったのでとっても嬉しかったです。
来た日から缶詰を食べ過ぎてゲリピーになるし、狭い所に入って出てこないしそれはそれは大変な猫でした。

連れて来た日にトーチャンの「ぜったい飼わないからね」の言葉にもめげず、トーチャンの一番なつく猫になってしまいました(^^)

ぽん吉 URL | 2016/03/17 20:11 [ 編集 ]


>テロテロさん

お目目が良くなった九さんは可愛らしさも倍増しましたが、「壊し屋」気質にも拍車がかかりました。
あまり自己主張しない九なので、せめてゴハンの権利は守ってあげないとと思いました。

食卓の魚を狙ったりしない九でしたが、スルメだけは特別でした(笑)
困った時に必殺で使えるものがあると安心でした(爆)

ぽん吉 URL | 2016/03/17 20:20 [ 編集 ]


>chibianiさん

桃兄ちゃんは最後まで覗きこんでましたが、そんなにするならもう少し優しくしてあげれば良かったんじゃないの?って気もします(^^;)

デジカメは長く使っているような気がしますが、17年前は無かったんですもんねぇ。
写真はブレてもボケても捨てられませんね。
もう少し写真好きだったら良い写真が残っていたかもと悔やみます。
この家でも柱を削っていたのでいたずらっ子顔をおもいだします(^^)

ぽん吉 URL | 2016/03/17 20:31 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://0462502804ise.blog130.fc2.com/tb.php/767-e79da585


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ねこ本家の猫達
フリー1
九右エ門 1999.4.1生まれ メス
家では一番の古株 ハナクロの子
月日がわかりませんので4月1日に ハナクロとはなさぬ仲
かなり神経質
2016.3.3没 享年16歳

フリー2
桃太郎 2008.4.1生まれ オス
以前借りていた事務所に現れる
人馴れしていたので飼い猫だったかも
出会った頃は4~5ヶ月くらい
体が大きくおっとり

フリー3
ハナクロ 1995.2.1生まれ メス
以前の住まい付近に母猫と来る
初めて見た時は2~3ヶ月の子猫
こちらに越すまで13年外暮らし 肝っ玉が太い

フリー4
クロ 1997.2.1生まれ メス
生年月日不明 ハナクロより若く九右エ門より年上
気づいた時からハナクロと一緒
こちらに越す時ハナクロ共々捕獲して連れて来た
おくびょう

フリー5
金太郎 2010.4.15生まれ オス
二十数年ぶりの運転練習中にドラッグストア脇のドブで会う
3~4ヶ月くらいの子猫だった
一日の半分は外の見回り
桃太郎命の弟気質

フリー6
銀千代 2005.4.15生まれ メス
ご近所でウロウロしてる所を保護
小さくて痩せていたので子猫かと思ったら桃太郎より年上かも
猫嫌いだが人間大好き
モモキンにケンカを売った強気猫

フリー7
白玉 2015.4.18生まれ メス
アイ吉の以前の勤務先の後輩が連れて来た ヘソの緒付きの生まれたてホヤホヤ
甘やかせたせいか我がまま娘に
家一番の暴れん坊
2016.8.3没 享年1歳3ヶ月

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR