思わぬ落とし穴 最終章







さて 無事にインスリンの量も決まって 自宅療養に入った


2/25 26は順調な生活を送っていたのですが 2/27夜は食欲がなくなった

ついに2/28は まったく食事をしない

ウロウロ動き回ったり 外への散歩も2回もでかけたり 意外に元気


でも インスリンを打っていいのか分からなくなって病院にTEL

血糖値は高めなので 1単位に減らし打つように指示される



2/29は 病院で点滴を受ける

その間も血液検査・エコー検査をしても 特段異常は見つからなかった

翌日は病院はお休みだが もう一度点滴を受ける予約をして帰宅

帰宅後も食欲はなく ぼんやりしてベットで寝る





3/1 AM2:00 トーチャンに起こされる

「おい! 九の様子がおかしいぞ!」   飛び起きた

その時には 瞳孔が開き 手足をつっぱり 失禁していた

「ああ もうだめなんだ・・・」と思い 名前を呼びかけながら撫ぜた


浅い呼吸と時々襲う強い痙攣 なすすべなく見守り続ける

九のベットに寝かせ ストーブをつけて暖める

夜がしらじらと明けても様子は変わらない


AM8:30 病院と連絡がとれたので 急いで連れていく

緊急の処置をお願いし 夕方面会する事を約束して帰宅 

もう会えないかもしれないと覚悟する


夕方の面会でもあまり様子は変わらないが 少し痙攣が弱くなった




3/2 MA8:30 院長よりTEL

最善を尽くすが 状況は厳しい事を告げられる



夕方面会に行くと・・・

なんと 顔を持ち上げて シリンジで食事をしていた・・・ ビックリ

奇跡の回復なのか・・・嬉しくて 何度も呼びかけ 撫でまわす

チック症状のような細かい痙攣と 目は見えてないようだが

経口で痙攣を押さえる薬が効けば 帰宅も可能と淡い期待をいだく




3/3 PM4::30 仕事の都合のため いつもより早く面会に行く

昨日とは打って変わって 強い痙攣を止めるため薬の量も増やしたようだ

自宅へ連れ帰っても 点滴で押さえないかぎり もっと強い痙攣が起きる

この状態がどのくらい続くのか なすすべなく見守るのは辛い

安楽死も含めて 今後どうするか主人と話し合うと院長に告げ PM5:30帰宅




PM6:10  院長より 「先ほど PM6:05に 九ちゃんが息をひきとりました」


PM6:40 九を迎えに行く

体を清められ 白い箱に納まった九は まだ温かかった

院長以下3名の看護師さんに玄関で見送られ帰宅




九がいつも居た場所に 安置

寝てるように 安らかな顔

16sa1.jpg






お別れのご挨拶にきたのか?

16sa2.jpg






ずいぶん念入りなご挨拶

16sa3.jpg

よくちょっかいを出していた事を 詫びてるのか?




こちらも念入り

16sa4.jpg

九にしばしば怒られていたので こちらもお詫びだね




キンタ・ハナクロも 挨拶に来ましたが 撮れませんでした





「思わぬ落とし穴 経過1・2」を書き始めた頃は 自宅療養を開始した頃だったので

まさかこんなに急に逝くとは思っておりませんでした

その後の記事を書くのに辛いものがあり 時系列に書き留める形となりました


ご心配して下さった方々に感謝いたします

尚 糖尿病の原因は 最後までつかむことは出来ませんでした

長い間かかって 徐々に膵臓が機能しなくなったのかもしれませんし

古い感染症などが 悪さをしたのかもしれません



ただ 「九さん よくがんばったね」 と褒めてあげたいです



少し落ち着くまで お返事遅れると思いますが お汲み取り下さい





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

突然のことでお悔やみ申し上げます。
インシュリンの量も決まってここからという時に驚いています。

人間と猫の寿命差で頭ではわかっているとはいえやはりきついものです。

しかしぽん吉さんの献身的な姿勢は九ちゃんにしっかり伝わっていると思います。
虹の橋の向こうできっと感謝していると思います。

九ちゃんのご冥福をお祈りします
よく頑張りました
ぽん吉さんもご自身を責めることのないようにしてくださいね

こんなことになるなんて…。
これからしばらくぽん吉さんは大変だけど九ちゃん自身はゆったり過ごすことができるだろうと思っていたのに。
せめてもう少し看病させて欲しかったですよね。九ちゃんは頑張ったのだから文句を言ってはいけませんが。
さぞお辛いことでしょう。お悔やみ申し上げます。
九ちゃん、安らかなお顔が美しいです。虹の橋のたもとでのんびり待っててね。

こんばんは
こんなことになるなんて...
悲しいだけです

突然の事で驚きました。
九ちゃん、旅立ってしまったのですね。
とても安らかなお顔で、本当に眠ってるようにしか思えません。
「あれ、みんなどうしたの?」って今にも起きて来そうですね。

九ちゃん、よく頑張りました。
そしてぽん吉さんの献身的な看護には頭が下がります。
本当に本当にお疲れ様でした。
どうぞお力落としのないように。
お身体大事になさって下さい。

九ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

九さん、寂しいです。残念です。
いつも、九さんがいるのがあたりまえのように感じていた…
よくがんばったねと私も言いたいです。

九さんは元気になるものとばかり思って闘病記をを読んでたから、今日この最終章を読んでびっくりした。読みながら、もしや?と思い始めたら涙が止まらなくなったよ。
いつもふざけたことばかり書いてるから、気の利いたことは書けないけど、
ご冥福をお祈りします。
ぽん吉さん、ご苦労様でした。

びっくりしました・・・・
まさか、こんな結果になっているなんて・・
そろそろ元気になったよ~!って書かれているだろうなぁっておもいPCを開けてみたら。
なんて言えばよいのか、今ちょっと言葉がでてきません。
九さん・・・頑張ったのね。
ぽん吉さんも頑張りましたよね。
ゆっくりと九さんをしのんであげてください。
ご冥福をお祈りいたします。

この記事を読んで、なんてコメントしていいか
解らず、何回も読んでしまいました。

経過報告かと思っていたので、まさか九ちゃんが
旅立っていたとは想像もできませんでした。

九ちゃんのご冥福をお祈り致します。
ぽん吉さん、お疲れ様でした。

九さんもぽん吉さんも頑張りましたね。
辛くて大変で、でも濃密な時間ではなかったかと思います。
九さんは天国で、ぽん吉さんはこちらの世界でにゃんこに囲まれて、
ゆっくり休んでくださいね。

>キノボリネコさん

お悔みありがとうございます。

これから自宅療養と思った矢先、あっと言う間に逝ってしまった感じです。
いつかお別れが来ると思っていましたが、いざなってみると気が抜けてしまいました。

家にはまだ面倒を見なくちゃいけない連中がたくさんいますので、ウジウジもしてられませんね。

>板金小僧さん

お悔みありがとうございます。

病気を治すためとはいえ、最後は辛い思いをさせてしまったなと思いました。
でも、私が出来る精一杯をしてあげたと悔いはありません。         と思う事にしてます(^^;)

>MMMさん

お悔みありがとうございます。

体調の急変は突然だったので動転してしまいました。
最後の3日間はほとんど意識は混濁していたと思いますが、シリンジで食事をする姿を見せてくれた事は本当に嬉しかったです。

>はりねずみさん

心配・励ましたくさんありがとうございました。

本当に別れは辛いものですね。
でもたくさんの思い出ももらいました。
次回記事では九の思い出を書きましたのでぜひ見て下さい。

>chibianiさん

お悔みありがとうございます。

長患いしてなかったせいか毛艶も良かったです。
あんなに頑張ったのに気が早い事にさっさと逝っちゃいました。
暫く気が抜けてしまいましたが、九のやんちゃぶりも書いた次回記事も楽しんでいただければと思ってます。

>はるはるるさん

ありがとうございます。

今でもゴハンの時にちゃんと両手を揃えて待っているようです。
九は食いしん坊で一番に台所に来て待っている猫でした。
何となくまだその辺にいるようで、トイレやらハウスベットはそのままです(笑)

>があこさん

いつもありがとうね。

心の整理はついたはずなんですが、お返事を書きながらついつい涙が出てしまいますね。
次回は子猫だった頃の写真も載せますので、その可愛さに悩殺されて下さい←親ハカ

>ムクムクさん

お悔みありがとうございます。

記事の流れからお家で療養出来るはずだったんですけどね。
とにかく病院へ行ったり来たりの一ヶ月間でした。
今頃は九ものんびりしてると思います。
九からは驚いた・困った思い出もたくさんもらいました。
次回記事お楽しみに(^^)

>テロテロさん

お悔みありがとうございます。

インスリンの量も決まったし、注射も上手になったしこれからだったんですけどね。
具合が悪くなって1カ月で逝くとは思ってませんでした。
いつも一人でいる静かな九のイメージですが、子猫の頃は白玉を凌ぐ勢いでした。その辺も次回記事に書いてみました。

>りきさん

励ましありがとうございます。

今考えると怒涛の一ヶ月間でした。
ゴハン茶碗をつい7つ用意したりとまだ抜けきらない所はありますが気持ちは少しづつ落ち着いてきました。
お見送りの時はりきさんに習ってたくさんの椿を入れてあげました。