思わぬ落とし穴 経過1





今日は桃の節句 春らしいうららかな一日でした

が 九さんの糖尿病治療について 少しづつまとめていますので

書き記しておきたいと思います







さて 2/4に糖尿病と診断された 九さん

一日休んで 2/6か らインスリンの量を決める 検査が始まった


AM 6:30(自宅にてインスリン注射)-AM9:30(病院へ)-PM6:30(お迎え)

朝食の後1mlのインスリンを打ち 病院では5時間後・8時間後・11時間後と採血



一日目にお迎えに行くと

「グリコースの数値は 231-111-87 と下がってますので 

これ以上下がると 低血糖の恐れがあるので シロップを出しますね」

と言われ 


いーーーっ 九さんひっくり返っちゃうの? と不安になる


「もし帰ってゴハンを食べず フラフラしたり おう吐や痙攣したらシロップを飲ませ 連絡下さいね」

と シロップの飲ませ方を習って 病院から帰る


ゴハンを与えると・・・

がつがつ食べました・・・ホッ

(ゴハンを食べると血糖値が上がるので 低血糖の心配はない)




病院での九は 食事もトイレもしなかったそうで 帰りの車の中でジョー



九は環境が変わると特に嫌がる

しかも採血されたりで かなりストレスだろうな・・・


しばらくは 検査に通わなければいけないし 気が重い

なるべく早く インスリンの量が決まるのを 願うばかり・・・





2/7  352-222-198

2/8  356-284-342

と数値は推移



ここで Glu(グルコース)の理想的な数値と形とは

正常値(71~159)   病院・医師によって多少のはばはあると思います

たとえば 145-82-150 のように緩やかに高低を表すのが理想



高いので 1mlから1.2mlに増えた

(ここで 1mlとは言わないで 1単位と言ういうのだそうです 以降単位と表示します)



2/9  491-224-190

2/10  355-289-160


2/11は病院はお休み

2/12 に良い結果が出たら そろそろインスリンの量を決めてもいいかもしれないと言われた

もともと九は数値が高いので 正常値にこだわり過ぎず 高いなりに高低が出てきたら良しとしたい




インスリンを打ち始めてからゴハンを 異常に食べるようになった

以前は 朝・夕に20~30グラムのウエット 20~30グラムのカリカリだった

インスリン開始から 朝・夕(糖コントロール ウエット)100gづつ 合計200g

但し 九の体重2.95を考えると与えても良い量


これで朝食べさせ すぐにインスリンを打てば うまくコントロールできるかも・・・

と 期待が出て来た



2/12

数値が相変わらず高めなので 1.2単位から1.5単位に増える

もうそろそろインスリンの量も決まるかと思ったので 少々凹む




インスリンは体に馴染むまで時間がかかるらしいので 明日の結果に望みをつなげたい・・・






2/11 通院お休み 久しぶりに外散歩する 九

16qa1.jpg
16qa2.jpg
16qa3.jpg
16qa4.jpg
16qa5.jpg


外の日向ぼっこは 気持ちいい

16qa6.jpg
16qa7.jpg
16qa8.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは
安定した療養が早くできるようになると
よいですねー

病院嫌いの九ちゃん
ストレスは溜まりますねー

あら!家でもと思ったけど
お見舞いでしょうか

九さん、すごいストレスだろうなあ
ぽん吉さんも。
専門的な話はまるで分からないけど、
食事の量なども常に管理してるんだなあ
しかも7にゃん分管理してるんだよなあ、大変だー
プラス、九さんのインスリンかあ
生き物を飼うっていうのは責任があるっていうことですね。尊敬!

>はりねずみさん&があこさん

ずいぶん間があきましたが、ご心配ありがとうございました。

この頃はインスリンでコントロール出来ると信じて九にもずいぶん頑張ってもらいました。
まだ体力・食欲もあってそんなに心配していませんでしたが、「糖尿病日記」なるものを書き始めました。
注射・食事を管理するためで、この状態が後数年は続くだろうと思った頃でしたね。