名言

ゆく夏を惜しむように 外を眺める二人








ガビチョウのさえずり

キレイな声を二人で鑑賞・・・






・・・・ ? ・・・・




なんだ・・・この不穏な空気は・・・





(もも) よしっ! オレがやるっ!

14tc1.jpg

(ハナクロ) やってごらんなさい






(もも) あそこだっ!

14tc2.jpg

(ハナクロ) まだ早いわ






(もも) あ~ 逃げた~

14tc3.jpg

(ハナクロ) だから言ったじゃない・・・





(もも) つまんねー

14tc4.jpg

(ハナクロ) あんたは根気がないね~





(もも) くそっ ダッシュが遅かったなぁ

14tc5.jpg

(ハナクロ) 力技に走るところがいけないのよねぇ







14tc6.jpg

(ハナクロ) この人は狩りにはむかないわぁ





狩りの名人ハナクロの発言に ももガックリ





もう十年以上前の事

ハナクロ・クロは 毎朝・晩カリカリを食べにくる 顔見知り猫だった




ある時買い物から帰って来ると 家の玄関の5メートル程先にハナクロがいた

「ハナクロ~」と声をかけたが 微動だにもしない

いつもなら「ニャ~ン」と返事をして 会いに来るのに・・・

よく見ると 目の前にある木に鳥がとまっていて それを狙っていた

20分程して見に行くと そのままの状態でじーっと動かずにいた


狩りをすると言うのも 根気と集中力がとっても必要なんだとみょうに感動した






こちらクロは




(クロ) 狩りなんて遠い昔のこと

14tc7.jpg








(クロ) 今の私に必要なのは 美味しいゴハンと電機ストーブだけ

14tc8.jpg





こちらも 猫生の名言でございました 



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは
先代の猫は外にも出ていたので
狩り上手で 何分もじーとチャンスを
うかがっていましたよ
その結果 多種多様なお墓が庭にありました
ふーは窓越しに見るだけです

No title

>はりねずみさん

こんばんは
そうですか、先代ねこさんは野生を残していたんですね。
ハナクロはトコ(主に鳥を獲る)キンタはネコ(ネズミ・モグラを獲る)のようです。
猫としてのDNAを強く残しているんだなと思います。
飼い主としてはお土産として持ってこられても閉口してしまうのも度々です(^^;)

ふーちゃんのように見るだけにしてほしいなぁ(願)

No title

ぽてっと寝ているクロちゃん、可愛い♪
こんなトロそうな子が(クロちゃん、ゴメン!(>_<))お外にいたと思うと切なくなります。
のんびーりできるようになってよかった。

ガビチョウ、去年奥多摩で声を聞きました。長々といろんな鳴き方で鳴くから思わず聞き行ってしまいますね。外来種と聞いてちょっとガッカリでしたが。(^^;)
https://www.youtube.com/watch?v=L68U44O6Bfw

No title

>MMMさん

ノラちゃんでもみんな狩りが上手なわけもなくクロはきっと苦手だと思います。
どんなご縁ががあったのか頼りになるハナクロと一緒だったのは幸運だったとおもいますよ。
ハナクロは狩りも上手ですたがゴハンをねだるのも上手(^^)

ガビチョウは良く通る声で鳴き、他の鳥の鳴き声のまねが上手です。(さえずりが長すぎてうるさい時もあります)この辺にはたくさんおります。

No title

ハナクロちゃんクロちゃんの歴史を知ってなんだか感慨深いよ~
やっぱりハナクロちゃんは逞しいなあ
姉御肌だね~

ももちゃんは狩りとは違う道を歩んだ方がよさそうね

No title

風情のある動画で、ふたりで麦茶とか飲んでそうだと思いましたが、
そうでしたか、狩りでしたか。。
昔むかし、実家でも、猫さんが一カ所フタの欠けた溝の側で延々と
待ち伏せしているのを見たことがあります。猫って辛抱強いですよね。
おっとりしているクロちゃんがハナクロさんと一緒で、
そして、ぽん吉さんと出会って、本当によかったと思います。(^^)

No title

外猫さんのときはハナクロさんは刈りの名人だったのですね~
そうですよね。生活がかかっていますからね~
でも、暖かいおへやと美味しい食べ物が手軽に
手に入ると・・・どうしてもね、桃様のようになるのですね(笑)
辛抱強いって猫の代名詞だったような気がしますが、昔、昔の話ですねー

No title

>があこさん

ハナクロは短いあんよと、小柄な体でも力強く生きてましたよ。
好奇心旺盛過ぎて土管にはまって出られないとか空き家に入り込んで出られなくなったりといろいろやらかしてくれましたよ。
でもその度にハナクロのキケンを教えてくれたのはクロでした(^^)

ももは殿様の道をまっしぐら~(爆爆)

No title

>ジグザグさん

どこかの避暑地でのんびりと語り合う二人・・・なんて家では考えられませんねぇ。。。

実家ではネズミを捕ってこそ猫という感じでした。
首の所をつかまえて持ち上げた時体を丸める猫はネズミをよく獲ると言われてました(真偽はさだかではありません)
本当にハナクロ・クロをこちらに連れて来られて良かったと思ってます。

No title

>ムクムクさん

外猫で暮らすのは大変なことですね。
一番の危険は車だと思いますが、ハナクロ・クロは道路を渡って来ていたので気がきではありませんでした。

こちらでは車の心配もほとんどありませんし三食昼寝付ですし皆お殿様とお姫様ですね。
お仕えする召使いもおりますしね・・・オホホ(^^)
家の猫に辛抱と言う文字はありません~

No title

桃くんに狩りは無理ですよ。
なんてったって桃くんはお坊ちゃま育ちなんだからね。
ハナクロさんは人生経験も豊富なお婆ちゃん、クロちゃんと共に
昼寝と美味しいご飯たべて長生きしてほしいな。

うちの前の猫は雀を捕ってきて自慢げに見せにきてました。
その時は褒めてあげていましたよ。

No title

>トラサビさん

うふふ・・・お尻とお腹がおっきい桃太郎には狩りは無理ですね(^^;)

実家の猫は今もお土産を持ってくるので父は褒めてますよ。
実家に泊まった時に私の布団の回りをお土産が走り回るので眠れません(涙)(お土産はネズミ)
ハナクロは今でも鳥が近くにいるとじーっと見てます。
昔を思い出しているのでしょうかね(^^)