田舎に越して田舎満喫! 夫+8匹の猫と暮らす

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
ねこ本家の人々
ねこ本 アイ吉(トーチャン)   ねこ本 ぽん吉(カーチャン)   平成29年現在 八匹の猫と暮らす

ねこ本ぽん吉

Author:ねこ本ぽん吉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

身近な生き物 10   哺乳類



(今年 第1回目の身近な生き物です 文章が長くて猫は登場しません よろしかったらどうぞ・・・^^)





3/7の夜 12時頃

銀と一緒に散歩に出た


日中は暖か(7℃~10℃)くらいだが

夜は0℃前後と冷え込んでいる




銀は遠くへ行かないので 家の回りを一回りして 写真を撮ろうと思った

家の裏から ガサガサと枯葉を踏みしめる音がする

しょっちゅうガサガサ音は聞こえるので たぶん鹿だろうと思った

銀はコワイらしく さっさと家に入ってしまった


しょうがないから 鹿の様子を見に行った


ら・・・・


なんかいる・・・  シカじゃない・・・


し、し、しまった・・・カメラがない・・・


慌ててカメラを取りに行ったが 設定を合わせてなかった 


もー もー なんてこった・・・



心の中で 逃げないでおくれよぉ と祈りながら

ピロリン ジーッ とカメラの設定を合わせること しばし・・・





懐中電灯を照らしながら 撮ったのですが・・・・

載せるのも申し訳ないくらい ぼんやりとしか写ってません・・・(涙)



14maa1.jpg
14maa2.jpg


目が光っているだけで 何がなんだかわかりませんよね



私の拙い知識では ハクビシンか狸かアナグマでは と思い

じっくり見続ける事 約1時間  (この状態でずっといた)



丸っこい体 エサを探すためか鼻を枯草の中に突っ込む

何度も私とも目が合っているはずなのに もぞもぞするだけで逃げない




じーっと横顔を見ていると 淡い茶色の体毛に はっきりと目に縦の縞模様


こりゃ アナグマに違いない! 




ズームにしたら よけいボケボケになってしまいました

14maa3.jpg
14maa4.jpg



ボケボケの写真ばかりでは どうしようもないので

手持ちの図鑑の 「アナグマ」の写真をどうぞ

14maa9.jpg
(ちょっと とぼけた顔がカワイイ ♪)




アナグマには ちょっとした思い入れがある



こちらに越した翌年 平成20年4月

この頃は オス猫の夜散歩に よく付き合っていた 
(オス猫は桃太郎しかいなかった)


しばらく帰らない桃太郎を待っていたら 山の方からガサガサ音が

あまりにもワシワシ歩く音に 「まったくなんの警戒心もない歩き方だなぁ」とボンヤリ思った



充分近づいた所で 思いっきり懐中電灯で照らしてやった





光の中に 目の所に縦縞のある生き物が・・・




腰が抜けるほど驚いたが むこうさんも相当驚いたらしい

後ろも振り返らず もと来た道を一目散に逃げて行った




何となく見覚えがある顔だったが どうも名前が分からない

PCで検索して あれが「アナグマ」だったんだと知った

これが 初めての出会いであり その後は1度も見かけなかった





あまりに驚かせたので もう2度と見られないだろう・・・と諦めていたので

この夜は だいコーフンでした










翌日 アナグマを見た場所を確認



14maa5.jpg



アナグマがいた方から見ると 家の裏になる


14maa6.jpg



このあたりは 夜になると シカ・イノシシはもちろんの事

ハクビシンやタヌキも出てくる



テン・ムササビもいるという話もある ←次ちゃん談


そんなこんなで 夜散歩がやめられません 




そして


写真を写した場所の足元をみると


大きなブツが・・・


14maa7.jpg


たくさんの毛が混じった 毛フンがありました


14maa8.jpg


こんな大きなブツ 誰のだ??

大きさ・フンの状態から 雑食性のタヌキかアナグマかもしれません





お見苦しい写真ばかりで すみません


長々ご拝読 ありがとうございました



スポンサーサイト

C

omment

No title
こんな動物は動物園でしか見たことがありません(@_@;)

こりゃー、桃キンがパトロール熱心なはずですねぇ。
しかし、こんな見たことのない動物たちも、
ちゃんと見えないところで命をつないでいるんだなぁ。。。
アナグマたちはどこかからこそーっとこっちを観察してて
よーく知ってるかもしれないけど。

あなご URL | 2014/03/26 10:48 [ 編集 ]


うは!アナグマですと(; ̄O ̄)
証拠のブツもデッカイ!
自然の中で暮らすポン吉さんはすごいなあ。尊敬であります!

があこ URL | 2014/03/26 17:51 [ 編集 ]

No title
アナグマ、可愛いですね~ わりとおっとりしてるみたいだし、昼間も遊びにきてくれたらいいのに~
ウチの近所のタヌキはおっとりしてて
車が通りかかっても、のそのそ横断してて
見てる方が焦っちゃいます(汗

りえんぞう URL | 2014/03/26 18:25 [ 編集 ]

No title
>あなごさん

つい数年前までこんな野生生物が生活の一部になるとは思ってもみませんでした。

でしょ、でしょ・・・モモキンが熱心になるのわかりますよねぇ・・・って私が一番熱心かも・・・(^^;)
アナグマは生活圏が広いらしく今度はいつ会えるやらです。(毎日でも会いに来てほしいゾ!)

ぽん吉 URL | 2014/03/26 21:20 [ 編集 ]

No title
>があこさん

北海道に居た頃も、キタキツネや野ウサギ・リスが毎日のように歩いていたからね。
こちらでもその延長みたいなもんです。

でも北海道とは種類が違うし見たことない鳥や昆虫がたくさんいます。
最近、鳥類図鑑CD付を買って勉強中です♪

ぽん吉 URL | 2014/03/26 21:26 [ 編集 ]

No title
>りえんぞうさん

アナグマは開発や交通事故で数が少なくなっているらしいです。
静かに見ているとけっこう長くエサ探しなんかしてます。
身の危険を感じると死んだふりをするそうです(^^;)

タヌキもいますが他の野生生物と混在してるようであまり見かけません。
タヌキは恋の季節に「ニャン ニャン」と鳴くのを初めて聞きました。最初は野良ネコか?と勘違いしました(汗)

ぽん吉 URL | 2014/03/26 21:41 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://0462502804ise.blog130.fc2.com/tb.php/534-dd89d2cb


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ねこ本家の猫達
フリー1
九右エ門 1999.4.1生まれ メス
家では一番の古株 ハナクロの子
月日がわかりませんので4月1日に ハナクロとはなさぬ仲
かなり神経質
2016.3.3没 享年16歳

フリー2
桃太郎 2008.4.1生まれ オス
以前借りていた事務所に現れる
人馴れしていたので飼い猫だったかも
出会った頃は4~5ヶ月くらい
体が大きくおっとり

フリー3
ハナクロ 1995.2.1生まれ メス
以前の住まい付近に母猫と来る
初めて見た時は2~3ヶ月の子猫
こちらに越すまで13年外暮らし 肝っ玉が太い

フリー4
クロ 1997.2.1生まれ メス
生年月日不明 ハナクロより若く九右エ門より年上
気づいた時からハナクロと一緒
こちらに越す時ハナクロ共々捕獲して連れて来た
おくびょう

フリー5
金太郎 2010.4.15生まれ オス
二十数年ぶりの運転練習中にドラッグストア脇のドブで会う
3~4ヶ月くらいの子猫だった
一日の半分は外の見回り
桃太郎命の弟気質

フリー6
銀千代 2005.4.15生まれ メス
ご近所でウロウロしてる所を保護
小さくて痩せていたので子猫かと思ったら桃太郎より年上かも
猫嫌いだが人間大好き
モモキンにケンカを売った強気猫

フリー7
白玉 2015.4.18生まれ メス
アイ吉の以前の勤務先の後輩が連れて来た ヘソの緒付きの生まれたてホヤホヤ
甘やかせたせいか我がまま娘に
家一番の暴れん坊
2016.8.3没 享年1歳3ヶ月

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR