私の好きなもの 籠と鋏

(今日の記事は写真が多いです お時間のある時にどうぞ)


草ボーボーの庭にも 秋の草花が咲くようになりました


今日は草花を活けてみたいと思います


(活けるというより 投げ込むだけですが・・・)



ホオズキ・みずひき・ねこじゃらし・赤まんま

13ud1.jpg




華道家教授 ハナクロさんのチェックがはいります

(ハナクロ教授の手ほどきはあまり受ける事は出来ません・・・貴重です)

13ud2.jpg




(ハナクロ) ここは整理したほうがよくってよ

13ud3.jpg





(ハナクロ) シャクシャクシャク

13ud4.jpg






(ハナクロ) ほら 使いやすくなったでしょ

13ud5.jpg

・・・ハナクロ教授 ありがとうございます・・・





今日は 秋らしく籠を使ってみました (籠 日本製)


13ud6.jpg


時代は 明治頃ものでしょうか

竹で編まれた 魚籠(びく)の形です


昔 川で魚を獲る漁師の腰に くくられていた魚籠を 

花の世界にも取り入れた 見立ての面白さを感じます






草花用の剪定鋏を 使ってみました

13ud7.jpg

13ud8.jpg


これも 明治か大正の頃のものでしょうか

鉄の風合いがまろやかです



全長は13センチ 草花を切るための小さな鋏です




お供は ちりめん細工の猫

13ud9.jpg


これは ちりめん細工が上手な方に 譲っていただきました

墨で 顔や柄をチョイチョイと書いてあり 素朴な可愛らしさです


(顔がドジョウに似てるところが 気に入ってます 




出来上がりを 床の間に飾っていると



・・・いらっしゃいました・・・ 華道家 准教授 桃太郎先生・・・


(もも) う~~ん

13ud10.jpg
いかがでしょう




(もも) ここが いけないですねぇ

13ud11.jpg
はぁ




(もも) ここを少し整理して・・・ジャリッ

13ud12.jpg
うえっ




(もも) やっぱり根本がきちんとおさまってないねぇ・・・ガサガサ

13ud13.jpg
うっひょ~



大幅に手直しされた花は しばらく床の間を飾る事となりました 



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

厳しいお花の先生がた、意外にもホオズキは手直しナシですか?
(あのぶらさがってるかんじが、ちょいちょい触りたくなりそうかと?)

ちりめん細工の猫、眺めてるだけでほっこりできますね~。
マネして作ってみたくなりましたけど、この猫ってかなり高度な表現ですよね?

ウチでは1月に厄除けにもらった笹をPCの近くの壁にくっつけてたんですが、
わざわざPCデスクにのぼって立ってまでしてかじられました。
そのせいで効果が無くなったんだと思います(;´Д`)

No title

水引草がピンとこなくて調べてしまいました。
季節の草花を活けるというのも風流ありますね。
それもやはり、趣のある籠のおかげで見栄えがアップしているのでしょうか、素敵です(#^.^#)
ちりめん細工の猫ちゃんもかわいいー

そして、華道家のお二方。
さすがですニャー

No title

華道の道は、厳しいのですね・・・^^;

No title

>あなごさん

オッサンの桃はホオズキに興味がないらしく、主にネコじゃらしの葉を食べたいようです。(猫草のかわり)

ちりめん細工を作られているのは妙齢のご婦人でプロではありませんが、もう40年以上のキャリアです。

ちびちゃんもやりますね。
効力のある笹を召し上がった「ちびちゃん」を神様として拝みましょう・・・来年も笹買ってくれと言いそう(^^:)

No title

>があこさん

そちらは寒くって秋草の季節も終わってるでしょうね。
こちらは秋が長いので少しづつ紅葉も楽しむ事が出来ます。
でも一年に一回くらいはどっかり降った雪が見たいです。(北海道人に言ったら石投げられるね)
華道も習った事のない私は器に100%助けられてます。

華道家の方には秋草が特に人気です(^^;)

No title

>ちびだこさん

特に家の先生達はとっても厳しいんですよ。
活け方が気にいらないと器をひっくり返す事も・・・
花材が引っこ抜かれてバラバラになっている事も・・・

でも、それもこれも愛のムチだと思っております(涙)

No title

ステキですね。
魚籠の籠はいいなぁ~こんな風に野草を活けると
雰囲気がでますね。
水引の花が好きで前に植えたのですが、消えてしまいました~
案外育てにくいのかな?

ハサミも趣きがあって、華道家(桃様)もなっとくされたでしょうね。
手直しは厳しいものがありましたけどね。

No title

まさにこの季節にぴったりのお花。籠も趣がありますね。
思い切って床柱に釘を打って花入れを掛けたらセンセイ方のご指導抜きにお花を楽しめるようにも思いますが。
釘を打つとなると専門家に頼まないとだめかな?

ハナクロさんお目々真っ黒でカワイイ♪

No title

>ムクムクさん

水引草消えてしまいましたかぁ。
家はそこらじゅうから生えますが日陰の湿った所の方がよく育つようです。
籠はムクムクさん手作りで楽しんで下さいね(^^)

やっぱり草花は人気があり桃先生の手直しも力入ってました~~(涙)

No title

>MMMinMcityさん

さっすが~MMMさんです!
掛け花入れにすればいいんですよね。
よく見たら天井に掛け軸をかける金具がありますので活用できそうです(^^)

普段は寝てばっかりのハナクロもネコじゃらしには目がランランです♪

No title

モモちゃん達の、見事なご指導 恐れ入ります。。。
年代物の籠、渋い色だわ~
鋏も、とても古いものなんですね?
わたくし、実は刃物フェチでございまして
剪定はさみとか、包丁に目がないのでございます。

先週、雑草活花の会に初めて参加してみました。
ぽん吉さんのと、同じような花材で活けてみたんだけど
こんなに素敵に活けれなかったわぁ~
今度、モモちゃんとハナクロちゃんに手ほどき受けなくっちゃ。。。

No title

>りえんぞうさん

刃物フェチ?お仕事?趣味?に通じるものがあるんでしょうか(^^)
この鋏との出会いはもう20年程前で、剪定用の鋏もいろいろあるんだと知りました。
しかも草等の細いものを切るためだけの鋏、作り手の細やかさを感じます。
籠も籠目型・蓋付き籠等いくつか持ってますので機会があれば紹介したいと思ってます。

うひゃ~草花活けられたんですか・・・恥ずかしいです。
私の場合は器が助けてくれる活け花ですから・・・(笑)
生け込みの様子をぜひアップしてください!