腹がへった日


   (今日の記事は 長いです!) 


10/31  いよいよ 銀ちゃまの避妊手術の日


前日の午後8時から 絶食

翌日 朝9時30分 出発


12hh1.jpg


車の中では 不安になって 吠える


やっぱり 銀ちゃまにも コワイ事があるのねぇ





12hh2.jpg



病院に到着

カーチャンも 緊張しながら 診察室へ


まず体重を量り 3.75キロと確認
  ←肥えたね






以下 院長先生との会話  (院長は女医さん)


(院長)  銀ちゃん だいぶ慣れた?


(ぽん吉) いやぁ・・・先住猫と仲良くなれません


(院長)  先住猫が いじめるの?


(ぽん吉) その反対・・・です

      もう桃太郎と金太郎を見た瞬間 追いかけ回し大変です・・・



(院長)  あははは・・・・


(ぽん吉) オス2匹とも ちびっちゃいました・・・

      おまけに九も 追いかけられちびりました・・・



(院長)  ギャハハハハ・・・銀ちゃん強いね~

      ちょっと洋猫の血が混じってるみたいだから 気は強いかもしれないね~

      でも・・・
  (ここでカルテを見る)

      ハナクロちゃんは高齢だから あまりストレスを感じると良くないんだけどね


(ぽん吉) あれは大丈夫です! 銀と会っても一歩もひきません

      銀の方が後ずさりしますからぁ



(院長)  くくくく・・・ ←よく笑う  では銀ちゃん お預かりしましょうか

      そう言えば銀ちゃん4才以上ですねぇ・・・発情きました?



(ぽん吉) ・・・それらしい気配ないんですよね・・・


(院長)  ひょっとして手術してあるかもしれないわねぇ・・・診てみましょう




    看護士さん2名に押さえられ バリカンでお腹の毛を刈られる




(院長)  う~ん 手術して何年も経つとキズ痕も分からなくなるけど お腹のところが少し固くなってるから

      たぶん縫い合わせた痕だと思うわ・・・



(ぽん吉) えっ?


(院長)  確かな事は言えないけど 何ヶ月も発情の兆候もないみたいだし たぶんしてるわ
    
      もし今後発情の兆候がでたら すぐ連絡下さい

      ゴメンネ 銀ちゃん 

      もっと早く診てあげてたら 絶食しなくてすんだのにねぇ 
←そこかい!



       と言うやりとりがあって お腹を切らずに済んだ 銀ちゃま




帰ってから すぐにゴハン

12hh3.jpg





まったくなんなのよ! 昨日の夜から ずーっとゴハンが出ないなんて

12hh4.jpg


12hh5.jpg



12hh7.jpg


怒ると共に 数分でゴハンを食べきった 銀ちゃま



思えば 拾った頃は2キロのガリガリで どこか悪い所でもあったら大変と

エイズ検査や血液検査を優先して 避妊手術の事なんか考えなかった


考えたら コロコロに太ってた頃もあったかもしれない

何かの事情で捨てられたか 迷ったかして 痩せたんだねぇ

人間の側で暮らしていたであろう 銀ちゃま・・・(人間大好きですぐ膝の上にあがる)

飼い主さんが避妊手術していたとしても 不思議はないよねぇ


と ゴハンをむさぼる銀ちゃまを見て思った




12hh6.jpg



お腹の刈り上げだけで 済んだ銀ちゃま

まずは良かった


お腹を切らずに済んだし 麻酔の不安もなくなったし お金もかからなかったし 
←そこ?


これからも 別室ぐらしに なりそうだけど

他の連中を威嚇しながら 元気にくらしておくれ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

銀ちゃま、手術済だったとは…。
一応元の家族は銀ちゃまをウチの猫としてお世話していたということですよね。どうして捨てられたのか、ますます気になります。
メスを入れなくてすんだのはよかったんですけど、手術したらもうちょっとマイルドになってくれるかも~という期待は破れましたね。後は年齢とともに身体のように丸くなってくれるのを待つのみですか。(^^;)

No title

銀ちゃん、お腹が空いてお腹の毛を剃られて、、、
でも腹切りされなくてよかったですね。
銀ちゃんにはいったいどんな過去があるんでしょう?
きれいな三毛猫ちゃんなのにね・・・。
あ、もしかして、銀ちゃんが飼い主を捨てた..とかだったりしないかしら?
ハナクロちゃんが強くて、なんだか嬉しいです。男子もガンバレ!

No title

まぁ、よかった!
手術済みだったのね。
きっと、大切にされたいたのかも・・・
銀ちゃまの過去はわかりませんが、そのことだけでも
良かったとおもいますよ。
そうそう、食事をぬかれた銀ちゃまにとっても
痛い目をしなくてよかったってことで、めでたしです(笑)

No title

銀ちゃままずは、手術済みで良かったね。
飼い猫だったんだよね。脱走したか、捨てられ
ちゃったんだよね。まあ心の優しいぽん吉母さんに
出会えて銀ちゃま良かったよ。
しかし先生との会話、一人ツッコミしかと
笑わせてもらいました。
やっぱりハナクロさんは強い。母は強しですな。
・・・顔も?冗談です。

No title

>MMMinMcityさん

銀ちゃまの元の家族は、銀ちゃまを可愛がっていたんじゃないかと思います。
すぐ膝に乗る様子をみると人間に対して全く不審感をいだいてないようです。

きっと飼い主だったお婆さんが亡くなって、引き取った若夫婦が猫好きじゃなくて捨てちゃったとか・・・いろんな妄想してしまいました。。。
マイルドになる希望は完全に打ち砕かれました(^^;)

No title

>zigzagさん

手術の前に確かめて本当に良かったです。
銀ちゃまの方から飼い主を捨てた・・・新しい展開です。
お一人様好きの銀ちゃまは、多頭飼いが気に入らなくて旅にでたのでしょうか?
「私が飼い主を選ぶのよ!」と強い決意でもあったのでしょうか?

・・・銀ちゃまのお眼鏡に叶うよう努力いたします・・・
ハナクロの肝の太さはさすがの銀ちゃまでもかなわないようです(^^;)

No title

>ムクムクさん

手術済みだったと思うとちゃんと飼われていたんだと思います。
拾った時も痩せてはいましたが、大きなキズやケガもなく病気にもかかっていませんでした。

やっぱり他猫と上手に付き合っていけなかったのが一番の原因じゃないかと思います。
性格はそれぞれですから、無理に仲良くさせなくてもいいかなぁ・・・と思い始めています。

No title

>トラサビさん

銀ちゃまの甘噛みはけっこう痛くて、遊んでるつもりがいつの間にか本気モードになります。
このへんにも前飼い主さんとさよならする原因になったのではないかと想像します。

かかりつけの病院の院長はおおらかな先生ですし、先住猫がストレスを感じるようなら銀ちゃまの里親探しもしてくれそうだったのですが、丁重にお断りしました(^^;)