次ちゃん登場




           あれ?  誰のプレゼントかしら・・・

                と 思ったら ・・・・   次ちゃんからでした




立派な筍  早速 茹でねば・・・鮮度が命 ですからね

次T1







そして ウルイも・・・

これって ギボウシなんですってね・・・初めて 食べます


次t2





       そして そして 庭の枝垂れ梅の 手入れも してもらいました


        この梅は その昔 次ちゃんが 植えたものだったんです。





さすがプロ! 立ち姿が ちがいますねぇ~

次t3









「(俺が 剪定したから 枯れちまった) なんて 言われないように しねえとな~」

なんて呟きながら 枝を見極めてました


次t4







そして 切り口から バイキンが入らないよう 薬も塗ってくれました

次t5







            剪定してもらって 助かりました・・・


        ・・・・あっ!  でも この木から キンタ 屋根に登るんだ・・・





ボクの木は 大丈夫なんでしょうか 

次t6







           あはは~~~


        キミの脚力を使えば なんてことないよ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おふぅぅ~っ…

なぜだろう。地下足袋って、けっこう萌える…。

ウルイって、どうやって食べましたか?どんな味?

No title

>willow42しゃん

おふぅぅ~っってなに?
鼻血でも出ちゃった?
でも地下足袋ってかっこいいよね。
コハゼを一つ一つとめてく時はゾクゾクするよ~ん・・・

ウルイはですね、クセがなく炒めても、茹でてもビタミンCが失われにくいらしいです。
茹でてワカメとぬた、味噌汁の具、筍と豚ミンチ中華風炒め物に入れました。
表面はキュッと弾力があり中はシャクッって感じでしょうか?
野菜のわりには食べごたえあるほうですね。
ほんの僅かですが、青くさい香りがするので好みが分かれるところだとおもいます。

No title

うわーー、次ちゃんサンだー!アイドルに会えたみたいで嬉しい~。
最近、「職人」さんっぽい人を見ると萌えるのです。
腰にさした道具類がたまりません~。

キンタくんの立ち姿(?)も、鋭い視線で、なにやらとっておきの職人技を持ってそうよ。

No title

やっぱり!次ちゃんですよねv-22
とってもさりげなく登場しているので、もう一度読み直しました。やっぱりそうだ!
こんにちはm(_ _)mいつもぽん吉さんがお世話になっておりますi-198
って、ん?違うか…(^_^;)
ところでキンタくんの目がキラリとしていますねっ!

No title

ギボウシは食べられるのですよね。
こちらで教えていただいたのですが・・まだ食べたことはないです。


次ちゃんがお隣に居るって、本当にいいなぁ~
家にも来てくれないかな~
伸び放題の金木犀なんかがあるんですよー

No title

>あなごさん

最近は地下足袋スタイルの職人さんも見かけなくなりましたよね。
なんだか新鮮な感じがしますよ。
そうそう持ってる道具も見たことないような物があって、専用の道具ってかっこいいんですよ。

そうそう、私も最近マエケン君注目してますよ。素朴な笑顔がイイe-319です。

No title

>はるはるるさん

ついに次ちゃん登場!
70歳をとうに越えられておりますが、カクシャクとしたお姿です。
はい、いろいろお世話になっていて、先日はヘビがよく昼寝をしてる場所を教えてもらいました。へへっ

キンタはめげてませんe-350

No title

>ムクムクさん

ギボウシは食用だったなんて知りませんでした・・・
おもしろい食感なのでお試しください。

ああ・・・キンモクセイ・・・
大きくなるんですよねぇ。
家も手入れをしなければと思ってます。
次ちゃんからアドバイスがあったらお知らせします!

No title

私の中での次ちゃんは30代位のお若い方だと
勝手に想像しておりましたが今回初登場で
後姿を拝見しましたら倍ほどのお年を召された方だったのですね。こんな方がご近所にいらっしゃると
助かりますね。
所でへびのお昼寝している場所とは・・・?

No title

>トラサビさん

30代の次ちゃん・・・お会いしたかったですねぇ。
ずいぶんと女性にもてたらしいですよ!

ヘビはですね、マムシもいるから気を付けるようにって事で、家の下道路脇はコンクリートの石垣が屏のようにそびえてまして、そこに水抜き用の丸い穴がたくさんあります。
その穴にいて、日が暖かくなると出てきて屏にへばりついて日向ぼっこしてました。
アオダイショウでした。ちょっとビックリでした。