FC2ブログ

痩せました(-"-)




今日の文章はなが~いです





さて北海道帰省の日程は 5/21~5/25

やはり 実家帰省中に事は起きておりました



以下 トーチャンとのメール&会話






5/21 

銀の補液はやったから 心配なし






5/22

早朝 銀の補液を済ませ 仕事へ  PM8:00頃帰宅

トイレはウンピーがいっぱいだった 

全員に猫缶を食べさせ モモキンだけ外出させた (1回目のメール)



PM10:00 電話が来る

モモキンはすぐ帰ったので テレビを見ながら弁当を食べてた

暫くして なんか静かだな~と思ったら 全員外へ出てしまった (銀・チロ以外)

鍵をかけたが 戸がちゃんと閉まってなかったようで ももが開けてしまったらしい・・・

今の所 モモキン・シン・フウは帰ってきた

(ヨウが帰らないのを心配してたので 3ニャンと一緒だから大丈夫と答える)







5/23

AM7:00  昨日はPM2:00に 玉が帰って

朝見たら ヨウが眠そうな顔していたので家に入れた 白はその辺ウロウロしてる

PM8:00  ウッシーがまだ帰ってない

(ウッシーは一晩二晩大丈夫 心配ないよ と答える)







5/24

AM7:30  昨日AM2:00頃まで仕事してたが ウッシーは帰って来なかった

(大丈夫だって 男の子なんだから あの玉だって3日目には帰って来た 夜には帰るよと返す)







5/25

AM7:00  昨日もAM1:00まで待っていたけど ウッシー帰って来ない

(今日帰るから 探して見るから大丈夫だよ と返す)


PM10:00  帰宅

持ち帰った荷物の整理や掃除をしながら 外で呼んでみるも 影も形もない

その後 懐中電灯を持って県道まで(15分) 呼びながら見て回る

明日は帰ってくるだろうと 就寝







5/26

やっぱり ウッシーは帰って来なかった

出て行って4日目かぁ さすがに心配

北海道から持ち帰った山菜を処理したり 掃除洗濯・事務処理に追われる

合間をみては 何度か「ウッシーーっ」と叫んでみる


PM11:00  この日も 県道まで降りて見てみるが 気配もない

眠りが浅く 何度も目が覚める


朝方AM4:00  庭から ニィー ニィーと声が聞こえる

猫の声に似てるけどなんだろ? とカーテンを開けると タヌキだった

へ~ タヌキって普段はあんな感じで鳴くんだ と庭を横切るタヌキを見送る

やっぱり ウッシーは帰って来なかった







5/27

昨夜 トーチャンと明日朝帰ってなかったら 保健所に連絡してみようという事にした

出張のトーチャンを見送り すぐに連絡してみた


すると 子猫の保護はしているが大人猫に関しては 積極的に保護していない

ケガをして病院等にいる場合もあるので 確認してくれたがいなかった


迷子猫登録というのがあって お願いした

ウッシーの写真とマイクロチップ登録証をFAXする

話では 猫の迷子問い合わせは多く 2~3日しても帰らなかったら連絡下さいとの話

なんだか望み薄だが 登録番号を聞いて終了


AM11:00  近所のロバ夫婦(ロバ飼ってるね^^;)の家へ ウッシーの写真を持っていく

申し訳ありません また猫が行方不明になったの・・・こんなやつ・・・

近所に幼稚園が同じお母さんたちがいるから 聞いてみると請け合ってくれた

自宅・携帯の電話番号を知らせる (ありがたくて涙が出る)


その後 郵便局へ行き 帰りは普段通らない山道を走ってかえる

帰る間 車の窓を全開にし 大声で「ウッシー!ウッシー!」と叫ぶ



出来る事はやりつくした・・・




もう 声が聞こえない所にいるんだろうか・・・

どこかに閉じ込められて 出られないんだろうか・・・

もう ブログやめようか・・・



夜も県道まで行ってみた・・・ いない








5/28

AM5:30  ずっと天気だったが 今日は薄曇り 天気も崩れてきそうだ

AM6:00  早めに全員を外に出す(銀・チロ以外)

コーヒーを飲みながら 顔も洗わず ぼんやり猫達をながめる




と 「ニャー ニャー」 小さな声だが 確かにウッシーの声だ!

見ると 下の道の真ん中で こちらを見上げて鳴いてる



全速力で走った すぐに抱き上げ 家まで走った・・・体が軽くなってる


どこもケガしてない 手足が少し黒いくらい・・・良かった・・・




缶詰2個を 平らげる (小さめのね) +カリカリも

19bv1.jpg





外の光が反射してますが やっぱり頬がこけてる

19bv2.jpg







(玉) まったくぅ あのお騒がせ坊主 帰ったの

19bv3.jpg







(白) 心配かけ過ぎよねぇ~

19bv4.jpg


あなた達でも そう思いますか・・・






すぐに出張中のトーチャンへ連絡した

「ウッシーが帰って来た」

思わず 涙声になる



「どうした ケガしてるのか?」 とトーチャン

「いや 手足が黒いだけ・・・」 とカーチャン




帰って来た日は ほとんど寝ていた

19bv5.jpg





翌日も 食っちゃ寝

19bv6.jpg


6.6キロから5.9キロに減った体重も すぐに戻りそうだ





この数日間 トーチャンとカーチャンは暗~い日々を過ごした

暑さのせいもあって 食欲もないし おまけに便秘になった



だいたい6日目に帰って来るとは どういう事よ!

(ホッとしたら 怒りが沸き上がってきた)





よくよく考えてみると 体も汚れてないし ケガもしてない

カーチャンがいないので いつもの生活スタイルが変わったから

ちょっと小旅行に行っちゃおうかなぁ ってな感じだったのかな・・・


いつも出歩いてるから お気に入りの場所があるのかも





ウッシー! トーチャンもカーチャンも 痩せたぞ(-"-)









* 5/30 銀行の駐車場の車止めにつまずいて転んだ
 右手のひら・左ひざ流血
 ぜったいウッシーのせいだと思う(-"-)




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

前回のヒキでそういう系かなーと思ってましたが
これはまたウッシー長征でしたねぇ(-"-;

トーチャンさんの過失は否めませんが幸いみんニャ外慣れしてるし
実際放浪娘の玉ちゃんも翌日には帰ってるし
まさかウッシーがここまでとは思いませんものね(-"-)

しかしホントに彼どこにいたのか?そしてどうやって帰ってきたのか?
状況を見る限り帰りたくとも帰れない状態になってた気がします。

ともかく無事帰ってきてくれたのが何よりです。
お互い痩せてしまいましたがすぐ戻りそうですしまずは良かったとε-(´∀`*)

でもウッシーこんなことはこれっきりにしてくださいよ(-"-)b

ちなみに最後のは完全に八つ当たりでしょうw^^;

No title

ウッシー、無事に帰ってきてくれて本当によかった。
前記事の感じから大事にはなっていないだろうと思いながら読み進めても、心臓が縮みあがりました。ぽん吉家はどんなに心配だったことでしょう。
どうかねこ様もぽん吉さんも父ちゃんもゆっくりご慈愛されてくださいね。
あーどきどきしたっ。

No title

無事に帰宅したんですね。
良かったです~。
ウッシー君、一体どこへ行っていた
のでしょうか。
もしかして、別宅があったりして??
手足が黒いと聞いて、炭小屋に潜り込んでた
のかな、なんて勝手に考えてました( ̄◇ ̄;)

お外で遊ぶのは大歓迎ですが、夜には帰宅し
ましょ~っ。

No title

読みながらドキドキしました!
ぽん吉さんたちは心配で寿命が縮みそうだったことでしょう。
転んだキズは治りましたか?
ウッシーくん、少しは懲りてるといいですねが。。
しかし6kg前後の体重にビックリ。
うちのタロウ2匹分あります!

No title

ウッシーのバカバカバカバカーーっ!
6日も帰ってこないなんて、死んでても不思議じゃないよ!いったいどこへ行ってたのよー!

と心の中で叫びました。叫べてよかった!!!帰ってこなかったら怒れないですもんね。ほんとよかった!(T_T)生きててよかったー!

一日分のブログを読んだだけでもぞぉーーっとしました。ぽん吉さんご夫婦は6日もの間、どんなにご心痛だったことでしょう。それを思うと胸が苦しくなりますよ。(T_T)
どんなに心配したか猫に伝えられるといいんですけどねぇ。また出かけちゃうんだろうなぁ。

No title

私も「帰ってきたはず」と思いながら読んでいても、心臓がバクバクしたーーっ!!
ぽん吉さんの次第に追い詰められていくキモチがびんびん伝わってきて(>_<)
ウッシーくんも、鳴いた声が届いて、迎えに駆けてきてくれたときはどんなに嬉しかっただろうなぁ(T_T)
・・・と、感動巨編ドラマを見た気分・・・

No title

ウッシー
カーチャンいなくて寂しくて
カーチャン探しの三千里の旅に行ってたのかな、、、

無事に帰ってきてほんと良かったよー(嬉涙)

カーチャントーチャンお疲れ様でした(^-^)

No title

>キノボリネコさん

今回は本当に参りました。
天気が良ければ外散歩がお約束なので、一白二泊は心配してませんでした。
日を追うごとに募る不安、もうこんな思いはごめんですよぉ。

二日ほど外に出してもらえなかったので不満があったのかも・・・
これから梅雨を考えると頭いたいです。
ウッシーの体の綺麗さを見ると、雨露を凌げる場所があったのかなと思いますが、閉じ込められてたらと思うとコワイです。
・・・八つ当たりもしたくなります(-"-)

No title

>りきさん

ご心配かけました。
じわじわと不安が募り、食欲も減り思わぬダイエットになりました。
六日目にヘロッと帰って来た日はどっと疲れが出ました。

この日は保健所の迷子登録解除・ロバ夫婦に見つかったお知らせをするなどてんてこ舞いでした。

No title

>テロテロさん

ホントですよ~、帰って来たからいいものの、あんなに毎日呼んだのに何処にいたのよと聞きたいです。
ただ帰りたくなかっただけなのか、どこかに閉じ込められてたのかナゾです。

いなくなって2日目にトーチャンが近くで黒い長いシッポを目撃(これはウッシーだったんじゃないかと・・・)

No title

>ジグザグさん

寿命は一年くらい縮み、転んだ膝はまだ痛いです~
まぁ帰ってきたので良しとしますが、待っている時は悪い事ばかり考えてしまいました。

近所のロバ夫婦さんにウッシーの体重を言ったら「でっかいですね!」と驚かれました(^^;)
タロウちゃんの倍ちかくあるぶん、トロイです。。。(そこが心配)

No title

>MMMさん

全くもってその通り、5日目には車に乗って何処かに行ったか、ノラに追いかけられ帰る道が分からなくなったか、もう亡くなってるかのどれかかも・・・と思いました。
でも寝る前に「ウッシー、キミの帰る家はここしかないんだからねっ」と言ってました。

考えると家も外もテリトリー、知らないだけで気に入った場所があるのかも・・・(玉ちゃんはロバ夫婦のお家好きだし。。。)

No title

>あなごさん

見つけた時はもう走り出して、涙もこみあげてきました。

なのに、なのに、走って近づいたら「え?」って感じでちょっと引いた・・・
まるで「何焦ってるの?」みたいな・・・
ったく、こんなもんですね、カーチャンの空回り?

No title

>があこさん

そんな殊勝な感じしませんよ~

ちょっと遊びに行っただけなのに、心配すんなよ~的な態度でした。
落ち着かないとかオドオドしてるなんてなくて、ゴハンをたくさん食べてねました(ある意味大物)