2016 10月 北海道3

(今回も 文章が長いです  しかも追記もございます)






滞在中 4℃→2℃と気温が下がっていき



16gc1.jpg

ついに 10/15は-2℃ (AM6:00)






外には 逆ツララ


16gc2.jpg






透き通るような青空

16gc3.jpg



この日は 外の草刈や 台風で水が止まったホースの掃除等をする


草刈をしてると 懐かしいものを見つけた


16gc4.jpg

山ブドウ

探してみると 5房も落ちていた

子供の頃は 野鳥と競争で食べていた (2~3日したら食べようと置いておくと必ず野鳥に先を越される (`o´)

小指の爪程の大きさですが 霜にうたれ甘味がましてた






そろそろ夕食の準備をしようと 後片付けをしてると

チロの出勤を見かけた

16gc5.jpg
16gc6.jpg


お土産はいらないからね~ と見送った







夕食の準備を終え 父が風呂に入ろうと風呂場に向かった時



ウニャオ~~ン




ダァーーーッ と父の叫び声





ん? ん? ん?



チロが風呂場の方から 走ってくる・・・何かくわえて・・・


その後ろから パンツ一丁の父が よろよろ追いかける・・・(父の愛用は サルマタ)







仏間~居間を走り抜け (まき散らされた 鳥の羽)

16gc7.jpg



台所を通り

16gc8.jpg




また風呂場へ戻った

16gc9.jpg

ら もう食べてた。。。












大変満足 だった らしい。。。





居間に置き去りにされた父が

「チローーーっ どうして鳥を捕るんだーーーっ

鳥は夜は目が見えないし 悪い事もしないのに 可愛そうなんだぞーーーっ

いつも言ってるだろーーー」


と 叫んでいた





聞いてるんだか いないんだか・・・  

すぐ外に出て行った


鳥さんの冥福を祈りながら 後始末をする







やれやれ 父が風呂から上がったので 私も風呂に行った



シャンプーをしていると 後ろに何かの気配・・・


次の瞬間  

ポン! と足元に黒いモノが降りて来た・・・ギョッ






ウニャオ~~ン






チロが風呂の小窓から入って来たのだった






が、が、が、、、、

また何か くわえてるーーーっ (また鳥だったみたい)





まずーーい  風呂場で食うなよっ!!

と 慌てて風呂場のドアを開け 台所の方へ出してやった





・・・・・・・・・





ダァーーーーッ    

また 父の叫び声が聞こえた





しばらく出ないでおこう とゆっくり湯船に浸かった



こんな日常があるから 父もボケないのかもなぁ

と チロに感謝してみる (これでいいのか?)







その後の夕食は チロの狩りの様子で盛り上がる


捕る時は 日に2匹でも3匹でも獲る とか

鳥は何も残さず キレイに食べる とか

ネズミの場合は キモ(肝臓?)を残すから掃除が困る とか

チロは働き者なんだ と 言う話に終始した





父は就寝

明日帰るため 荷造りを始め

最後の夜は 静かに更け行くのでした



しかし・・・




続きを読む

スポンサーサイト