白天使


皆様 長い間放置して 申し訳ありませんでした





じつは 去る8/3 白玉は天使になりました

お知らせしてはいませんでしたが 白玉は白血病のキャリアでした

とても元気だったので つゆほどの疑いも持っていませんでしたが

病魔は見逃してはくれませんでした




リフォームも決まった6月 首の腫れに気が付いた6/8 余命一ヶ月の診断が下されました

すぐに治療予定を組み 翌6/9から抗がん剤治療がはじまりました

一度目の治療で全ての腫れがなくなり 明るい希望に胸がいっぱいになりました

2週目・3週目と順調に進んだものの 6月末に酷い風邪の症状が出て3日ほど点滴を受け持ち直しました



7月に入って体調は万全ではないものの 外に出て草むらで涼んだりバッタを捕まえたりしていました

7月半ば 再発

2度目の治療のローテーションに入り 腫れの拡大を止める事は出来ましたが 貧血の症状が出てきました

大好きだったミルクも飲まなくなり かろうじてカリカリを食べる程度でしたが 毎日の外散歩は欠かしませんでした

まだ立って歩ける力が残っているんだ と望みをかけた点滴も功をそうしませんでした




免疫が上がるDフラクションや がんに効く紅豆杉(こうとうすぎ)など いつも何かがはいった食事を食べさせられ

鼻がつまったら点鼻薬をさされ 病院に行く日はベットの下にかくれ

さんざんな2カ月だったと思います




白玉が亡くなって一週間ほど経ったころ トーチャンがポツンと

「白い子猫の雌って あんまりいないんだよね」と呟きました

聞いてみるとネットで里親募集を見ているらしいのです


猫を拾うたびに 「家では飼わないからね」を連呼していた人とは思えず 驚きでした



九さんが逝き そして白玉が逝った今 トーチャン&カーチャンの胸には 大きな穴が開いてしまったようです


今はまだ 白玉の写真を見る気になれません








16ac1.jpg



白玉を可愛がってくださった皆様 本当にありがとうございました





*  コメント欄は閉じていませんが お返事はいつになるかわかりません

   
       重い記事になり 大変申し訳ありませんでした



スポンサーサイト