もう一人の太郎 (北海道土産話)



北海道に帰った時 何か持ち帰れる物はないか

と 物置を物色


懐かしいモノを見つけた


父に 宅急便で送ってもらったモノは






コレ↓


16sb1.jpg

クマ(ヒグマ)の木彫  (壁掛け)


何年も物置に置きっぱなしで おまけに裏側にはハチが巣を作った跡まであった

キレイに水洗いをして 記念撮影






16sb2.jpg

やっぱり 来たね








裏返すと 「ぽんいそらん」と作者名 (たぶんアイヌの方だと思う)

16sb3.jpg


長年放置されて 深い亀裂まで入っていた





しつこく匂いを嗅ぐ 桃太郎

16sb4.jpg
16sb5.jpg



桃太郎君  キミは桃太郎だけど

その太郎と言う名前には 深いご縁があるのだよ






前置きが長くなりました






この木彫りのクマを貰ったのは 実家で飼っていた 

日本犬(アイヌ犬)の 太郎





血統書名 亜剛(あごう)

オス  毛色 胡麻


16sb6.jpg


太郎 (亜剛)が 天然記念物指定犬に 認定された時に頂いた 記念品でした








アルバムの写真を写してきましたので 見てやって下さい



雪が積もると 窓近くに来て 家の中を覗いてました

16sb7.jpg






母と 太郎と うたと もん

16sb8.jpg


太郎と うた・もんは 「同腹(どうはら)種違い」

お母さんは同じですが お父さんが違うと言う意味です


血統書名 美枝花(ピシカ) うた   美杏花(ビアンカ) もん 







母と私と太郎

16sb9.jpg


母も私も ちょいと加工して美人にしてあります








父と太郎

16sb10.jpg






おまけの一枚




同じ頃 家の中には三毛猫が二匹いました


16sb11.jpg

ミミとキティは 母娘





石炭ストーブが現役 時代ですね~










スポンサーサイト