FC2ブログ

九の思い出





九が逝って 10日以上経ち 

自分の気持ちを整理するため 九の思い出を綴ってみたいと思います

(文章も写真も多いので お時間のある時にどうぞ)




3/5 旅立ちの日は 庭の椿と枝垂れ梅で 送り出しました

16ta1.jpg







最後まで見送る モモ・白玉・(今回はキンタも)


16ta2.jpg

モモはやっぱり 詫びてるのか 







猫友Mさんより お花も頂きました

濃いピンクのバラが華やかさと可愛らしさを添えてくれます

16ta3.jpg





初七日を終え 九の写真を整理していたのですが

写真が少ない・・・



九が家に来たのは 1999年(平成11年)6月22日

その頃は まだ携帯もデジカメも持っていませんでした

気が向くと インスタントカメラで写す程度でした

が 子猫はじっとしていませんねぇ

撮った写真は ブレブレかピンボケがほとんど・・・


かろうじて見えそうなものを デジカメで写してみました

よかったら 見てやって下さい





来た当初 両目はグジュグジュで 縮んだ梅干しみたいでした

一週間程の点眼で 目が明くようになりました

16ta4.jpg




正面顔が撮れた 貴重な一枚 (生後3ヶ月くらい) お気に入りのゴムの指サックと

16ta5.jpg





寝てる所はシャッターチャンス でもハレーション・・・

16ta6.jpg





スリッパはお友達  よくかじりまくってました

16ta7.jpg





以前の住まいでは 窓からの外出がおおかった

16ta8.jpg





先住猫(にゃにゃれ)と

16ta9.jpg

子猫だった九は にゃにゃれ(12~13歳くらい)にまったく相手にされず

一年ほどたった頃 やっとピトれるようになりました









ぢつは 「壊し屋」と言われてた 九さん


16ta10.jpg

柱という柱は すべて爪とぎ 深い所は2センチ以上削られてました

家を売却する話が持ち上がった時 買い手が付かなくなると 柱にカバーをかけて修理

・・・柱の修理だけで ウン十万円かかった・・・






2003年(平成15年) にゃにゃれが亡くなり

2007年(平成19年) 野放図な桃太郎が来るまで

お一人様の 気楽な生活を送る





桃太郎が来る 10日前の写真 (7歳)

16ta11.jpg



桃太郎が来た日は 一度匂いを嗅いだだけで 怒りまくり

2階で3日間 籠城


4日目の朝に 降りて来たと思ったら 真っすぐ外へ

その日は なかなか帰らず 夜10頃 奥の手を使う


奥の手とは・・・

九さんの好物 スルメをあぶる事 


ガス台でスルメをあぶり 換気扇で香りを外に・・・

匂いにつられお帰りになったところ 

たっぷりスルメを召し上がったいただき 機嫌をなおしていただきました



それから2カ月 桃太郎との距離も ちょっと縮まる 

16ta12.jpg










「壊し屋」の名にますます磨きをかけ フローリングまで引きちぎる

16ta13.jpg






そんな慌ただしい毎日を送り

翌 2008年(平成20年)12月 現在の住まいに越す

この時も忘れられない 大事件がありました


当時 外猫だったハナクロ・クロを 1~2年前から家に入れるようにして

ゴハンやおやつ お昼寝をさせて慣らしておいた

(それもこれも 引っ越し先へ連れて行くため)


引っ越し日が決まり 当日の捕獲は難しいので 

前日夜におやつでおびき寄せ 室内に閉じ込め

溶接用皮手袋(ひじまである長い皮手袋)をはめ ハナクロ・クロの捕獲に成功

普段と違う様子に ビビリ度MAXの二匹を 

深夜のうちに 引っ越し先へ連れて行き 一仕事終える


引っ越し当日 いつものように九を朝散歩に出し 業者を待っていると1時間も早く来た

ありゃ・・・九が帰ってないけど まっいいかぁ・・・ (桃太郎はゲージに入れ連れて行く)

朝9時 引っ越しが始まり 終わったのが午後4時頃

一息ついた午後5時頃 はたと気づいた・・・そう言えば 九さん・・・



急いで前の家へ(車で20分くらい)むかい 

いつもいる会社の庭や 工場の敷地に忍びこんで 懐中電灯で照らしても見当たらない

マズイ・・・ 

外猫は無事に連れて行ったのに 家猫が行方不明って・・・どうよ・・・



よし! ここは奥の手しかないだろう! とスルメを焼こう・・・としたら

ガス台は持って行ったのでない・・・


まだ残してあった石油ストーブで スルメをあぶり 持参の猫缶を開けて待つ

サッシを開け待つこと10分現れた・・・さすがスルメ



しかし覗いた九さん 家の中にテーブルも棚も冷蔵庫も・・・何もないのにビックリ

慌てて顔を引っ込め 夜の闇にまぎれた

こんな様子を何度も繰り返すので こちらもコンビニでカップ麺を買いこみ長期戦の構え

やっと入って来たのが 3時間後の8時頃でした

なんとも忘れられない 引っ越しとなりました



その後 キンタ・銀・白玉と仲間が加わり 大所帯となりましたが

最後まで お一人様を貫き通した九



家ではゴハンの時に 1つだけルールがありました

それは 1番に九さんにあげる事

このルールは 最後まで守られました


こんな風に書いてみると 一筋縄ではいかない 人間を大いに振り回す 猫らしい猫でした



九 ありがとう 

さよならは言わないね   また会えると思うから




長々とお読みいただき ありがとうございました




スポンサーサイト