FC2ブログ

思わぬ落とし穴 




この所 九右ェ門さんもカーチャンも疲れ気味


それは 2/3の事でした



午前中は外に出たり それなりに元気でした


16ja1.jpg
16ja2.jpg





しかし 夜出かけて帰ると 血尿が・・・



一昨年にも 膀胱炎で治療を受けた事を 思い出し

体が弱ってきたなと 思ったのでした

その時に 腎臓が弱ってきていると診断され

療法食に切り替えたが 少しづつ痩せていった


昨年の診断では 悪いながらも数値に大幅な変化はなく 

本猫の食欲もあって このままのんびりやって行こうと 決めたのでした






2/4 病院へ

血液&尿検査もするので 夕方にお迎えと言う事で 処置をお願いした



夕方 お迎え&検査結果を聞くと

腎臓の数値は以前より少し良くなっている

と聞いて ホッとした





が  血糖をあらわすグルコースの値が 572mg/dl と異常に高い (正常値 71~159)

「糖尿病ですね」 と診断された




糖尿病・・・?


おでぶの桃太郎や ちょっとぽっちゃりのハナクロならわかるが・・・

メスにしては体大き目だけど けっしておでぶじゃない 九右ェ門さんが・・・?



まさかまさかの糖尿病・・・こんな所に落とし穴があったか・・・





糖尿病と言えば 人間もインスリン注射をしますが

猫の場合も同じ


但し どのくらいの量を注射したら良いのか

体の小さい猫は 微妙な匙加減が必要とされる




院長と話し合った結果


AM6:30に インスリンを注射

AM9:30頃に病院へ

AM11:30 採血

PM2:30 採血

PM5:30 採血

PM6:30頃 お迎え


インスリンを打ってから 5時間後ー8時間後ー11時間後

と グルコースの数値を計り インスリンの量を決める事にした




インスリン注射から採血すべてを 病院にお願いする事も出来たのですが

たぶん九に相当なストレスがかかる事 

いずれは自宅でインスリン注射をしなければならない事を考え

自宅で注射をして 朝ごはんを食べさせてから 病院へ行くことにした




で 



病院で 注射を打つ練習

まずワンちゃんのぬいぐるみの首に 生理食塩水入りの注射をプスッ

次は九の首にプスッ・・・



ほんの1mlなので一瞬





注射じたいは細くて小さい

16ja3.jpg

ボールペンと比べてみる







家でも注射の練習

16ja4.jpg

こんな感じで 肩甲骨の間あたりに 垂直にうちます





でもさぁ 出来ればやりたくない・・・ 九さんもイヤだよねぇ・・・




そんな気持ちを追い払い 2/6から病院通いが始まった


2/11は病院がお休みなので インスリン注射をして自宅で様子をみる


16ja5.jpg

今日は病院に行かなくてもいいから のんびり







昨日までの5日間で インスリンの量もほぼ決まりそうですが

2/12から数日通ってから 量の確定になりそう








他に 糖尿病のために開発された 「糖コントロール」を病院からいただいた

即 ネット注文して 今はこの食事のみ与えている


16ja7.jpg



(写真訂正)


上記のウエットに間違って PHコントロールを載せてしまいました

これは キンタ用のウエット




正しくは 下記 糖コントロールです (2/16 加筆)


16ja6.jpg








インスリン注射に頼らず 食事のみでコントロール出来る場合もあるので

望みを捨てずに 治療したいと この記事を書いてます










スポンサーサイト