銀ちゃん 大変(汗汗)





(今日の記事は長いです むごい写真もありますのでお気を付け下さい)



数日前の夜の事

トーチャンが銀ちゃん部屋で

「おまえ 爪とぎしてるのか~?」と銀ちゃんに話しかけていた



そう言えば 最近爪とぎを掻く音をきかないなぁ・・・と思った

一日2回 外散歩しているから 必要ないのかも・・・とも思った




でも何となく気になって 銀ちゃんの爪の様子を見たら・・・





* 注意!  むごい写真が出ます !






14rb1.jpg


人間でいう親指の部分の爪が 左右両方とも肉球にめり込んでました


ぎゃ~~っ 大変 



すぐにPCで調べてみると 爪切りやニッパー等で切ると書いてありました

さっそく爪切りニッパー(人間用)を 巻き爪部分に当ててみるものの

銀ちゃん ギャー (たぶん ちょっと痛い!ぐらいの泣き声)




いままで足を引きずるとか 気にしてなめるとか なんの兆候も感じなかった・・・

・・・鈍感な飼い主で ゴメン・・・



思い切って切る勇気もなく もし取れてもその後の処置を考えて 病院へ行く事に

翌日は病院は休みのため 翌々日 朝一番で病院へ



銀は口内炎があったので経過確認と 最近ミミの後ろを掻いているので疥癬の検査をしてもらう

口内炎は随分良くなっているが 引き続き塗り薬を

疥癬もみられなかったので かゆみ止めの薬を出してもらった



そして いよいよ爪の切断・・・

「いま処置しますので 飼い主さんは外でお待ちください」 と診察室を出される

待っていると 「ぎゃー」 「ふんぎゃーー」と銀の声・・・

うわぁーー   銀 大丈夫か?? と頭をかかえる・・・




ものの数分で 「飼い主の方 中へどうぞ」と 診察室へ

ゲージには 両手にバンドエイドをまいた銀

でもすでに片方のバンドエイドを 取ってぶら~ん

血が出たようだが 止まっているようなので 両方のバンドエイドは取ってもらった




巻き爪は1ヵ月半から2ヶ月くらいは大丈夫 と言う話だったので

早めに様子を見ながら切ってあげようと 爪切りも購入




家に帰ると 椅子の下に閉じこもる

14rb2.jpg



切られた爪をお手入れ

14rb3.jpg



しばらく椅子の下に籠っていたが

 放心状態




さっき パチパチって爪切られたのよね

14rb4.jpg




ああ~~ん おかあさん こわかった~

14rb5.jpg





痛かったよ~~

14rb6.jpg

あ~ よしよし   がんばったね 




その後も カーチャンの腹に 顔を埋める銀なのでした

14rb7.jpg



で 病院で切った爪も 持ち帰りました




* 注  爪に血がついてます




14rb8.jpg


年をとると巻き爪になりやすいと 聞いたことはありましたが

今まで飼ってきた猫で 巻き爪になったのはいませんでした

そんな事で 爪のチェックはおざなりでした・・・・反省




それに銀が巻き爪になった親指の爪は 爪とぎでは研げない爪なんですね

他猫達がよく爪を噛んでいる事がありますが 爪の生え変わりを助けているようです

銀は爪の手入れは苦手なのかもしれません。。。




14rb9.jpg

左から 口内炎の薬 皮膚の薬 爪切り


これからは ちゃんとカーチャンが爪切りしてあげるからね


* じつは 猫の爪切りは使ったことがありません

  練習して深爪しないようにせねば・・・誰か練習させておくれ・・・

  深爪の可能性が高いせいか みんな非協力的だ。。。(涙)




スポンサーサイト