FC2ブログ

なぞのおぢさんの正体

(今日の記事は写真が多く 文章も長いですので お時間のある時にどうぞ・・・しかも猫記事ではありません)

 猫の写真は数枚しかありません ご了承下さい





前回からの 続き・・・





なぞの おぢさんが立っている


13ib1.jpg

・・・って

ぢつは ぽん吉(カーチャン)です 


(暴走族でも ヤンキーでも コスプレでもありません)




腰痛でだらけた体に 喝をいれるべく まずは形から・・・


正調 鳶スタイル





(銀) あらぁ やるわねぇ

13ib2.jpg




へへぇ・・・てれるね・・・← アホ







では ここで

鳶服を知らない方のために 少しご説明します




今回初めて鳶服を着るため 大変に悩んだのは形

特にズボン(ニッカボッカ)は 長さ・形・色にたくさんのバリエーションがあります

腰から膝までの膨らみがどんな具合か ぜんぜん見当もつかなかったのですが

写真を見ながら(ネット) 選んだのが コレ↓



13ib3.jpg

13ib4.jpg
う~む 力が入りすぎて 写真ボケました~



寅壱 超超ロング八分    

(名前だけでも シビレルね~~)



合わせて

シャツ(Vオープン)・ベルト(8型寅壱)・ニッカソックス(纏い柄)・寅壱赤耳タオル


13ib5.jpg



特にズボンの形は 基本の八分型から進化して

超ロング・超超ロング・超超超ロングへと展開している  
(まだ超が増えるのか??)



超超超ロングをはいた 180センチを超える外人のモデルさんはカッコイイが

自分がはいたら 足首あたりまでタポッとして 布袋さんスタイルもしくは

地面に着く可能性を考え 超超ロングを選択




ウエストは紳士物と同サイズなので トーチャンのズボンを試し穿きし 

ピッタリだったのが73センチ 
←私ってけっこう太いのね・・・と実感

中に着込む事も考え ウエスト76センチを選ぶ


(もし私も買ってみよ~という方は ご主人のズボンを試し穿きされる事をおすすめします) ←いないね?

 * 一番小さいサイズは73センチです ・・・ご参考までに・・・

 



ズボンのすね部分には ファスナーがついているので穿くのもラク

(以前はコハゼだったらしいが 最近はファスナーが主流のようだ・・・だってラクだもんねぇ)

13ib6.jpg

そして タビを履いてしまえばわからない ソックスにも凝ってみた

真っ赤な ニッカソックスが心をかきたてる・・・






タビは12枚コハゼで ビシッと決めたかったが

実用性を考え ゴムタビ(ファスナー付き)にした
 (農作業用) 

13ib7.jpg
12枚もコハゼを留めるのが面倒だった(^^;)





(銀) でも カッコばっかじゃ ダメなのよ

13ib8.jpg


(銀) じゃぁ 根っこ堀りやってみてちょうだい

13ib9.jpg




へい! 了解!!





サク サク サク

13ib10.jpg

13ib11.jpg

(サングラスのつもりが 目隠しになってますが 気にせずご覧ください)




足腰の動きよく 軽くほりあげた





では 次 行ってみよ~~

13ib12.jpg


先日から 苦戦していた木に 挑戦


13ib13.jpg



抜けた!


13ib14.jpg



土や木の感触がしっかり伝わる タビもバッチグー



さらに もう1本挑戦

13ib15.jpg



本日の成果 3本




屈んだり足を伸ばしたりと いろいろ動いてみたが

ツナギや作業ズボンとは 一線を画す まさに自在の動きである

すごいぞ 鳶服!






しかし残念ながら 鳶服の未来は明るいとは言えないらしい・・・


一流の職人さんはオーダーメードで 量販店では買わないんだそうである

地下足袋は感触を敏感に感じ取り、熟練者は手と同じように鉄骨をつかむことも出来るらしい
(足の裏に目があると言う)




そしてニッカボッカの膨らみは わずかな引っかかりなどで危険を察知するためのもので

高所では(鳶さんは高所作業が多い)膨らみが風でパタパタする事によりどのくらい風が強いか

風力計の役割も果たすのだそうである・・・・
う~ん深いなぁ



最近は特に安全が重要視され タビから安全靴(つま先に鉄板等が入ってる)

ニッカボッカから平ズボン(ニッカボッカの膨らみは引っかかって危ない)

と変わりつつあるらしい





う~ん さみしいなぁ・・・




微力ながら 

鳶服の明るい未来のために 不肖ぽん吉 全力を尽くします 





おいおい 庭仕事に鳶服は必要なのか?  BY トーチャン



スポンサーサイト