fc2ブログ

私の好きなもの 古裂2

趣味
01 /22 2023


今日は 猫の写真はありません









たぶん インド更紗

23k3.jpg


え? 何 このゴミみたいの・・・

と 声が聞こえてきそうですが・・・





前回と違って 糸(木綿)は 絹の様に細い

アンティーク業界では 上手物(じょうてもの)と言われる 部類に入るかも


*上手(じょうて) 繊細で精緻な作りの物


 反対に下手(げて) 荒く大らかな作りの物と 言った感じ




左は インド更紗

23k4.jpg

右は インドネシアかも・・・

かなり赤色が残っているので 新しいものかも(とは言え50年以上)




布は保存の仕方で まったく状が変わってしまう

光・湿気 または何度か洗ったりすると 退色が激しい

なので いつ頃作られたかを推測するのは 難しい

主に 当時流行った柄や技法などで 時代を判断する事が多い


だから 100年くらい前かな とか 

すごいのは ○○世紀頃とか かなりおおざっぱ



穴は開いてるし 小さく切られてしまってるしで

何も作れないんですが たまに眺めるのが 好き



現代は 木綿のTシャツを染めるのに 化学染料を使えば

目も覚めるような 赤い色に染められますが


むか~しは 綿を赤く染めるのは至難の業だった(おおげさ?)


今でも 植物染だけで 染めるのは かなり大変で高価



インドには紀元前から(3000年とも5000年といわれてる)

その技術があったらしい


スゴイねっ







スポンサーサイト



私の好きなもの 古裂1

趣味
01 /11 2023


本日は 猫の写真はありません









以前から 整理しなくちゃと思っていた 布類


アルバムに貼って まとめる事にした





私が集めたのは 使いにくい(古くてばっちい、小さすぎる)

など 難ありの物が多い







たぶんインドの更紗 (詳しい事はわかりません)





23k1.jpg


鬼更紗(オニサラサ)

絹のような手触りの更紗と違い 糸も太目でごわっとしてます(綿)

たぶん 敷物や家具等に掛ける用途だったのでは・・・


文様(水鳥?アヒル?や花?葉?)は 木型(木彫りの型)を使ってると思います










23k2.jpg


よく見ると 穴があいた所は 裏から同じ布で継ぎあてしてます

当時は 濃い赤色が美しかったでしょう

経年劣化か水洗いしたかで 退色しています

シミもありま~す





たぶん 100年くらいは経ってると思います(もしかしたらもっと古いかも^^;)



かなり ニッチな趣味なので コメントはテキトーに・・・あははのはっ




私の好きなもの ガラスコップ

趣味
09 /26 2021









先日テレビを見ていたら

10代・20代の若者達に 昭和レトロが人気なんだそう


ガラスコップに 花柄がプリントされた復刻版が 映し出された




へ~ カーチャンなんか 真っ只中で生きて来たもんね


と 実家から持ち帰った コップを出してみた






これで カルピスをよく飲んだな


21dj1.jpg


出番が多くて 確か5個あったはずだけど 残っていたのは2個

一つは柄がハゲハゲだったので  いい方を持ってきた

これも少しはげかかってるけど 現役で使用中











そして 右は たぶん保存瓶

21dj2.jpg


蓋が付いてたようだが なくなったか 壊れたか・・・

おたまや泡だて器 フライ返しなんかを入れて 台所に置かれていた




家でも さいばし・トングなんかを入れて 使ってる








昭和レトロな 台所(^^;)

21dl3.jpg











そして妖しげな 紫色のコップ

21dj4.jpg


子供の頃は ジュース入れたら美味しくなさそう と思ったもの

けど 忘れられない色で 一番最初に持ち帰って来た












これは 特別なコップだったな

21dj5.jpg


お客様が来た時や誕生日くらいしか 出て来なかったな



その頃何を飲んでいたのかな

サイダーや リボンジュース


ガラナもよく飲んだな 


本州で ガラナは一般的じゃないと知った時は 驚きだった

もちろんコーラも飲んだけど ガラナは懐かしい味





あとは 粉末ジュースってのもあって

素に水をガーッといれてたら ジュースになるっていうヤツ





昭和も遠くなりました(^^;)







21dj6.jpg







私の好きなもの 鉄瓶

趣味
06 /19 2020







一昨年から 修理に出していた

鉄瓶が戻ってきた


20cj1.jpg







北海道から持ち帰った 鉄瓶

米のとぎ汁やら 緑茶やら入れて 沸かしたが 漏れが止まらなった


20cj2.jpg



鉄瓶の修理も含めて 見てもらう事にした


見てもらった結果

底が薄くなっている 簡単な修理だとまた漏れ出す

このまま使わず 飾るという方法もある

か 底の部分を取り替え 使えるようにするか



やっぱり 使いたいよな~

で 修理する事にした





20cj3.jpg


底を替えると言っても

同じ型を取り 底をくっつけるわけですが

熟練の技が必要








20cj4.jpg

もちろん 中もキレイ










20cj5.jpg


(洗濯ものは気にせんで下さい^^;) 




調べてもらったところ

ブドウ柄のほうは 岩手県産 戦前もしくは 大正頃の作

これを直してくれた工房の方が 「これ爺ちゃんが作ったものかもしれん」

と言ってたそう





波柄の方は 山形産 戦後の作だろうと言う事でした

鉄瓶に屋号のような刻印があり

現在同じ屋号+ほかの名前 のお店は存在するが 経営者が変わっているか 

暖簾分けしたのかもしれない と言う話でした







久々に揃った 3兄弟

20cj6.jpg


一番左のは 明治の鉄瓶 

こちらは まったく漏れもなく現役 強いな~明治


今年の冬は 久しぶりに揃って 活躍してくれる事でしょう








私の好きなもの 拓本

趣味
02 /06 2018




久々 私の好きなもの

今日は 泰山金剛経(たいざんこんごうきょう) の中の一文字

18al1.jpg

縦横 50センチくらい 


たぶん 樹の文字だと思いますが ちょっと違う 異体字?

*異体字とは
明確な定義はされてないようですが
読み方や使用方法が一緒で 漢字の一部が異なる字体 という事らしい



なにせ この文字は1500年くらい前に 山に彫られた文字 

1000文字以上あるという (泰山金剛経)

この時代 金剛般若経の功徳を 期待する信仰が盛んになり 彫られたそうです


泰山は中国山東省にあり 歴代の皇帝が登山し

国家統一を神に告げ 許しを得る場所だったそう



素朴で大らかな文字が気に入ってます





で 下にはちょこっと椿を入れてたんですけどねぇ

18al2.jpg
(床柱のおシッコシートは 気にせんで下さい)




つぼみ落としも 楽しいようで

18al3.jpg


お持ち帰りですか。。。









たくさんつぼみあったんですけど 日々すくなくなってます

つぼみ 大人気 


ねこ本ぽん吉

FC2ブログへようこそ!